言葉だけじゃ伝えきれない…(for love, for a child)その想いを空に繋いでこう…(for love, for a child) いつか準備ができてから始めようって決めてたけど今 君が笑顔になれるならその準備はあとまわし ときにはワガママに自分を貫いてもそれが誰かのためになるのならきっと間違いじゃない 言葉だけじゃ伝えきれないその想いを空に繋いだらこんなにも大きな輪になって幸せの中に君がいたよ 君との 思
想像もしていなかった恋に落ちたあの日あなたの存在がずっと生き続けている まだ苦しくて抱きしめることができたなら“もう離さない”そう伝えたいだけ Cuz you’re moreYes you’re moreGirl you’re moreこんなにも埋め尽くしてゆく Somebody save me行き場のないこの想いをDoes anyone hear meすべてを見失いそうでI’
永遠を歌う いくつものLuv-Songs窓の外に舞う雪を見つめる君そして僕の瞳に映る微笑みいつまでも いつまでも… キャンドルを灯したら 想い出が生まれて想い出に永遠の約束を刻んでその未来に幸せが続くようにいつまでも いつまでも 願いを Luv Merry ChristmasLuv Merry Christmas BabyLuv Merry ChristmasLuv Merry Merry ChristmasLuv Mer
真夜中の淡い光の中 一人眼を閉じる心の奥深く 微かな火が揺らいでる 過ぎた日々を振り返り後悔するばかり時間(トキ)は巻き戻せない… Do you remember, baby突然あの日 そっと抱きしめたDo you remember, darling笑い合った 寄り添ってたNow that it’s over 二人待ち合わせた夕暮れ 恵比寿の街角急な雨空に ふと差し出した 小さな傘 少しだけ僕の肩に雨がかかる様
このままいつまでもと願いながら触れ合える奇跡に愛しさ増すのさCan’t live without you baby 胸は熱いまま I want to loveI want to loveI want to loveI
BOUNCE ON IT! BOUNCE ON INTO LOVE! 始めよう LET’S BEGIN時は満ちて 紡ぎだすのさ BRAND NEW TIME枯れない泉 終わりなき愛 この声に認(したた)めよう NEVER DOUBT IT! 導かれるままに COME
天からの恵み 受けてこの地球に生まれたる我が子 祈り込め育て イラヨーヘイ イラヨーホイイラヨー 愛し思産子泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー太陽の光受けてゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー健やかに育て 暑き夏の日は 涼風を送り寒き冬来れば この胸に抱いて イラヨーヘイ イラヨーホイイラヨー 愛し思産子泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー月の光浴びてゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー健やかに眠れ 嵐吹きすさむ 
この道は いつか来た道ああ そうだよあかしやの花が咲いてる あの丘は いつか見た丘ああ そうだよほら 白い時計台だよ この道は いつか来た道ああ そうだよお母さまと馬車で行ったよ あの雲も いつか見た雲ああ そうだよ山査子(さんざし)の枝も垂れてる
響くサイレンの音 夜が悪戯(いたずら)に深くなって君は目を逸らさない だから僕から目を逸らした他に好きな人がいるの…ごめんなさい何度も重ねた 唇が今 確かにそう言った Suddenly 一途に君のことだけ 愛せていたかわからないけど抱き合う そのたびいつも あなた以外は愛せないと泣き出しそうに 僕のこの胸に 顔をうずめていたのに 君は… 明日(あす)を夢見ながら 今に溺れて流されてた迷い込んだ先に 別れ
It’s 3AM and I’m lying in bed hereJust thinking about you Tossing and turningMy heart
Never thought that I would fall in loveTill the day I met youAnd now
It has been a minuteSince we have been togetherAnd I want to take this
When I see your faceありのままの君が愛おしいよJust the way you are Oh, 君のその瞳に 一瞬で吸い込まれた君のその髪は 眩しいほど輝いていてShe’s so beautiful 今すぐ伝えたい Yeah, I know,
兎追いし かの山小鮒(こぶな)釣りし かの川夢は今も めぐりて忘れがたき 故郷 如何(いか)に在ます 父母恙(つつが)なしや 友がき雨に風に つけても思い出(い)づる 故郷 志を はたしていつの日にか 帰らん山は青き 故郷水は清き 故郷
Superficial ArtificialEverybody SystematicOh No Gotta GoSuperficial ArtificialEverything is SystematicOh No Gotta Go Satellites in the
視線にふれただけで君に魅了されてくここはwonderland君はもう シンデレラ千夜一夜の恋はじめようか シャンデリアが映し出す二人の影はすぐに 一つに重なる身体をすり抜けてく 甘い吐息さえ花びらのよう 朝も夜もないここは二人の舞台(ステージ)夢の続きはまだgoing on(I miss you, I miss you I don’t look back) I kiss you…beautiful go
なぜ めぐり逢うのかを私たちは なにも知らないいつ めぐり逢うのかを私たちは いつも知らないどこにいたの 生きてきたの遠い空の下 ふたつの物語縦の糸はあなた 横の糸は私織りなす布は いつか誰かを暖めうるかもしれない なぜ 生きてゆくのかを迷った日の跡の ささくれ夢追いかけ走ってころんだ日の跡の ささくれこんな糸が なんになるの心許なくて ふるえてた風の中縦の糸はあなた 横の糸は私織りなす布は いつか
ずっと憧れて JSB The First, 甘辛い Vibesで We got it goin’ on!EX TRIBE に進化 Spin
いつも同じ季節なのに少し切ないのはなぜ それはきっと別々の道を歩く事を分かっているから 当たり前の様に毎日が過ぎていったよねあっという間机の落書きも もう二度と見る事もないのかななぜか涙が溢れ出す くしゃくしゃな君の楽しそうな笑顔も悔しそうなその泣き顔も大切に胸にしまっておくからずっと桜の季節お別れだね… あれはきっと初めての恋一緒に歩いた帰り道 今にも胸が張り裂けそうになって勇気出してそっと話しかけた… 厳
ほんの少しずつ ほつれていった途切れそうな あの糸を繋ぎ止めたのはあなたと出会えたから 誰かの優しい言葉も すべてが嘘に感じてどうせ自分なんて 生きている意味はないそんな風にずっと思っていた こんな広い世界で 自分だけ孤独で不安だと 思っていた少しだけ顔を上げ 見渡せば一人じゃないと 思えたから もう涙はとっくに 枯れ果てて素直の意味さえも 知らずにいたもうこれ以上 失うものはないから歩こう一歩ずつ ほん
孤独で悲しい夢にうなされる様な朝 光と闇の狭間で不安を感じていた 悲しい瞬間も幸せな時間もつかの間の映画の様… あなたを守るために僕は孤独に負けないよいつかはこの想いが誰かのための力になると信じて… いつか僕の鼓動が止まってしまってもあなたを遠くからでも見守っているから もしも世界中の光が消えても信じていられるように あなたのその笑顔がずっとずっと消えないようにいつでも胸の中で真実だけを優しく響かせてるよ 明日
どうしていつも 争うことになってしまうの?本当はみんなで 笑顔でいたい… どんな魔法なら 涙を止められるだろうそんな特別な存在じゃない… 祈ることしかできないなら平和な日は来ないのかな?愛して… 愛して…どれくらいの愛が必要なのだろう… どんな想いが 人を幸せにするのだろう?どんな偉い人の 言葉だって聞こえない… 願うことしかできないけど悲しみを受け入れられない…恐くて… 恐くて…認めてしまったら終わって
あの日 君にかけたその言葉を 後悔してる二人の愛はそんなに簡単には崩れはしない 君がくれた 胸のクロスをそっと握りしめて 祈るよ愛してる… Believe…Believe…こんな夜は いつもより少し飲み過ぎてしまいそうでPlease…こんな僕を許して酔い過ぎたのは君のせいだよ… 君のせいだよ… 今夜は君の声を受話器ごしに何度聴いてもなぜか落ち着かないどうしてだろう 光る
君と歩いた 帰り道途切れた言葉が 二人をつなぐ 何気ない日常に飛び込んだ君の笑顔いつもとは何か違う胸の鼓動 君とずっと一緒にいたいそう思った君がそっとうなずく瞬間始まる Precious Love 君と残した あの写真は今も見つめるだけで 幸せになれる 言葉だけじゃきっと伝えきれないけど言葉にして伝えなきゃ消えてしまいそう… 何があっても二人で ずっといられたら僕はもっと強くなれるよ愛する君のため 強い風の日も激
答えを探してた理想の世界はこの手で掴めるのだろうと 変わらないモノでさえ流れる雲の隙間に希望を信じて 言葉で慰め合って何が変わるわけでもない 刹那を瞳に映してるその意味を探していたんだ そう馴れ合いの時をどれだけ過ごして何が変わっていったのか 伸ばした両手をすり抜けてゆく様なその感覚だけ… 幻を愛した理想の世界や 想いは真実以外になくて 悲しみより苦しい嘘や不条理も この手で変えてゆけない 君を 信じたいただわず
雨 潸々と この身に落ちてわずかばかりの運の悪さを 恨んだりして人は哀しい 哀しいものですね それでも過去達は 優しく睫毛に憩う人生って 不思議なものですね 風 散々と この身に荒れて思いどおりにならない夢を 失くしたりして人はかよわい かよわいものですね それでも未来達は 人待ち顔して微笑む人生って 嬉しいものですね 愛 燦々と この身に降って心秘そかな嬉し涙を 流したりして人はかわいい かわいいもので
僕たちの思い出は数えきれないお前にだけ話した内緒話 まだ覚えてる 電車で見かけてた かわいいあのこは今ごろどこで何をしてるんだろうね 最近は会うことも 少なくなったけど久しぶりでも いつものように 笑いあえるから 会いたくなったら 飛んでゆくから…つまづいたら また話そう くだらないグチでもたくさんの言葉 大切な言葉いつもならば言えないけど 今だけは… ありがとう 新しい生活にまだなれなくて怒られたりしな
Fun Fun We hit the step step同じ風の中 We know We love OhHeat Heat (The) beat’s
ここに来るのはもう どれくらい前だろう波がまた消してゆく 記憶の足跡 何気なく座る カウンターで思い出す抑えられない気持ちを 君に伝えた夜 I’ve been in time of loveYou know no no no no 君の驚いた顔 その時僕は 後悔したのさ no no no noそっと僕の手を握る 彼からの電話 いつもと同じように海の底に沈めても ささやく音 かけがえのない 二人だけの時間を砂時計の砂が 僕
始まりを告げるように 鳴り響く LIKE A SIREN暴れ出す期待感に OH OH, I WANNA GO WANNA GO逸らした目をLOG ON! 今ここで GET