約束 – Eve

白い世界の中では
時間が止まってゆくような気がした

いつも見せないような表情が
その距離が 少しだけ愛しかった

巻き戻せないと
はしゃいでいるその横顔
抱えていた悩みも
ちっぽけだ

君に染まる視界が
かじかんでく両手が
心から願うよ 終わらせたくなどはないんだと

思い出の中にはいつも君の姿
夢のまま 覚めないまま
その笑顔が忘れられないや

言葉では足りないようだ 大人になんてなれないよ
くだらない事ばっか それでも楽しかった

ずっと今がこのまま続いたらいいね
なんてさ僕に はにかんでみせるの
泣きそうな声で

新しい世界では
きっと心から笑えているかな

謝りたいな 見せる顔なんてないよ
僕は君の思う未来のどこにもいないようだ

逃げ出したくないよ あの日に戻りたくなるよ
振り向いてばかりの人生ならば 諦めよう

いたいけな祈りも
確かめたい気持ちも
今なら言えるだろうか 終わらせたくはないんだと知る

何度でも言うよ 景色は儚げに
足元はおぼつかない 気付けば走り出していたんだ
何度でも言うよ 会いたい言葉など
見つかるわけでもない それでもただ信じてみたいから

思い出の中 君の姿
夢のまま 覚めないまま

変わらないな

思い出の中にはいつも君の姿
夢のまま 覚めないまま
その笑顔が忘れられないや

言葉では足りないようだ 大人になんてなれないよ
くだらない事ばっか それでも楽しかった

ずっと今がこのまま続いたらいいね
今度は僕からはにかんでみせるの
約束しよう