君に世界 — Eve

あぁ 物語が終わるの
嫌になることばっかだったな だけど涙が溢れちゃうのは

あぁ 結末は知らないでいたい
少し寂しくなるくらいなら このまま続いて欲しいかな

80になると思ったの
君に明日はずっとこないんだよ
澄ました顔で言われましても
実感も湧きやしないんだよ

今日が最終回だとしたら
もう少しで終わりだとしたら
僕は今日何を食べるんだろう
誰と会えるんだろうな

君に世界は青く見えたかい
君に世界は赤く見えたかい
君の世界に色はあったかい
君の世界に僕は在ったかい

声を詰まらせて 僕らは泣いた

夕暮れ時の 懐かしい香りに
心が踊った 貴方がいたらもっと

伸びた影は僕をそっと 美味しそうに飲み込んだ
抱きしめてずっと 考えてた 考えてた

願うことから始めてごらん 傲慢なことではないんだから
今でなくなるのが悲しいから やらなかった事は溢れだして

もしも世界を変えたいのなら 希望と共にありたいのなら
僕はこのりんごを植えるだろう
ここに旗を立てるだろう

君に世界は青く見えたかい
君に世界は赤く見えたかい
君の世界に色はあったかい
君の世界に僕は在ったかい

君に世界は青く見えたかい
君に世界は赤く見えたかい
君の世界に色はあったかい
君の世界に僕は在ったかい

声を詰まらせて 僕らは泣いた