平行線 – Eve × suis from ヨルシカ

世界は少しだって 思うようにはならなくて
どうしてもあの頃のように戻れないよ

ねえ

ふたりの秘密だって 君は覚えていなくたって
くだらない話を聞いていたかったの

伝えたい想いだけが 募ってしまうな
近すぎたのかな

さよならなんてさ (素直に) 当たり前の毎日が (なれないよ)
続いていくと思っていたから 平行線のまま
届くなら (2人で) ただもう一度今 (今)
胸にしまったまんまの 変わらないこの想いを
君に言おう

ねえ
別に用などないけれど 交わす言葉もないけれど
もう少しだけ一緒に居られたなら

ほろ苦い思い出だけが溶かしてゆくんだ
変わらない風景にさよなら

優しくなれたら (近いのに) この手を伸ばせたら (遠くて)
眩しくて痛いまま ただ祈っていた 平行線のまま
届くなら (2人で) ただもう一度今 (今)
胸にしまったまんまの 変わらないこの想いを
君に言おう

この距離は縮まらないまま
交わらないようにできていた
答えなんてない 遅くなんてないから
ただ痛いくらい 今ならまだ間にあうかな
なんてさ

さよならなんてさ (素直に) 当たり前の毎日が (なれないよ)
続いていくと思っていたから 平行線のまま
届くなら (2人で) ただもう一度今 (今)
昨日までの世界じゃなくなっても 心は覚えている
変わらないこの想いを
君に言おう