サクラサク – ET-KING

[イトキン]
春一番の風に吹かれ
君の想いが花咲きますように…

[センコウ]
君と会った季節がまた
今年ももうすぐやって来る
何度かの冬乗り越えて今
別れの時が近づいてきた

[BUCCI]
知れば知るほどに好きになって
その分嫌いな所もできた
ぶつかり合って 喧嘩もした
それでも顔見て笑い合えた

[イトキン]
抑えきれない胸の熱さと君がくれた感情は
この先もずっと変わらない 大切な友よ

春一番の風に吹かれ
君の想いよ さあ 花となれ
春一番の風に吹かれ
何より強く さあ 咲き誇れ

[TENN]
真夜中会いたくて呼び出した
寒さも気にならず一緒にいた
退屈だった毎日でも
共に夢見たら前を向けた

[KLUTCH]
力のなさに打ちのめされて
同じ涙を流しながら
「まだやれる」と支えてくれた
別れは来ないと思っていた

[イトキン]
ただひたすらに駆け抜けてきた戻ることない日々よ
この先もずっと忘れない 大切な友よ

春一番の風に吹かれ
君の想いよ さあ 花となれ
春一番の風に吹かれ
何より強く さあ 咲き誇れ

[KLUTCH]
限られた時間の中で
足りない隙間埋めようとした
絆は小さなつぼみとなった
今 かけがえのない友へ

春一番の風に吹かれ
旅立つ友よ 君に幸あれ
春一番の風に吹かれ
信じた道に迷うことなく

さよならは言わない
心はそばにある
走り出せ限りない旅路へ
桜空に舞え
夢を描く風
空高く 吹け 広い世界へと

春一番の風に吹かれ
君の想いよ さあ 花となれ
春一番の風に吹かれ
何より強く さあ 咲き誇れ

コメントを残す