ひまわり – EGG SHELL

夏を連れてくる 大きな黄色い花
晴れ渡る空の下で ゆらり揺れる

例えどんなに雨が降ってても
どんなに嵐が立ちはだかっても
太陽に向かって咲くひまわりのように
顔上げて

いつもどんな時でも笑顔絶やさず上向いて
溢れる涙が こぼれ落ちないように
今は 手探りで進んでいくこの道無き道に
ゴールがあると 信じて

どこまでも続く ひまわりの絨毯
周り見渡せば みんな輝いている

例え上手くいかなくて凹んでも
何したらいいかわからなくなっても
太陽に向かって咲くひまわりのように
咲き誇れ

いつもどんな時でも笑顔絶やさず上向けば
差し伸べてくれる 手に気がつけるはず
今は ひとりだと何もできなくて立ち止まってしまう
そんな時こそ 手を繋いで

光を受けて輝く 太陽の花のように
誰かの笑顔が 誰かに連鎖する
夏が来たらな

いつもどんな時でも笑顔絶やさず上向いて
溢れる涙が こぼれ落ちないように
今は 手探りで進んでいくこの道無き道に
ゴールがあると信じて

いつもどんな時でも笑顔絶やさず上向けば
差し伸べてくれる 手に気がつけるはず
今は ひとりだと何もできなくて立ち止まってしまう
そんな時こそ 手を繋いで