君は紛れもなくあの夏だった (弾き語り ver.) – Eenai;

はじめてだった
君を好きになって
君が夏そのものになった

触れたくなって
あの日走り出した
君は紛れもなくあの夏だった

蝉の声を聴いても
海の風に吹かれても
僕の心にはただ、君がいる
色鮮やかにさ
それは綺麗にさ
花弁を散らしているんだよ

君と見るはずだったあの花火
泣けばいいのかも もう分からなくなったけど
履きなれた靴を見下ろす僕を
湿った夕陽だけが満たして
消えそうだ

裸になって
全てさらけ出して
君は夏の逆光に染まって

重なり合った
僕達の長い影は
いつまでも揺れてるあの夏の日

遠い遠い空に残るオレンジ色
何かをまだ照らそうとしてるみたいだ

君と見るはずだったあの花火
いつか思い出すことも なくなっていくのかなぁ
その方がきっと良いんだろうね
だけど少し寂しいななんて
思ってしまう

はじめてだった
君を好きになって
君が夏そのものになった

触れたくなって
あの日走り出した
君は紛れもなくあの夏だった

君と見るはずだったあの花火
泣けばいいのかも もう分からなくなったけど
履きなれた靴を見下ろす僕を
湿った夕陽だけが満たして
消えそうだ

いつか僕はあの花火を見ても
君を思い出さなくなる時が来るのかな
少し寂しいな
そんなの嫌だな
だなんて
思ってしまう程に
君は夏なんだ