ダルトン — edda

いつか 時が来て
この腕が癒えたなら

空の青や赤は
どう褪せていくだろう

誰も見たことがない
私の黒
汚れなき糸も
呑み込むわ

遠くで鳴く
鳥は海を渡るわ

ここにいてほしい
誰かに届いて

最後にあげられる
優しさがあるのなら

もう全部あなたを
忘れてあげようとおもう

横顔も髪も
涙のあの日も
あなたの影など
呑み込むわ

幾千の星
どれか落ちてしまうの

ここにいてほしい
誰かに届いて

遠くで泣く声は
どれもごちゃまぜ
となりで抱える孤独は
両手に溢れて

遠くで鳴く
鳥は海を渡るわ

ここにいてほしい
誰かがいないの

いないの