終点 – DUSTCELL

普通に生まれ、普通に大人になる
周りも家族も普通で私は前に習う
人生の初めの頃から漠然と形にあった
いつの間にか“周り”が少しずつ消え去り
残されたのは酷く汚れた日記帳と
引っ掻いた傷跡だけだった

否定された人生が 誰かの救いになって
「間違いじゃなかった」と
いつか言える日が来るのか?
生まれた時からなんて そんなことは無くても
途中で拾い上げたそれが私の全てで
手に取った物は時には背負えない現実を
鋭く突き付ける
それでも手放すのは惜しかったんだ

単調な日々、前触れもなく見失う
今の在り方を ずっとそう 手探りで色が無い
人生は一度切りだと 口を揃えて言うけれど
非現実的だ
今ここで死んだら 本当に二度と目覚めないのか
そんな下らない事を考えてまた日を落とす

全部受け止めてとか そこに誰も居なくても
願ってしまうんだよ 私は弱さを抱えて
生まれた時からなんて そんなことは無くても
自分で決めた場所で最期を迎え終わると
取り戻せない物が溢れて壊れてしまっても
私は此処にいる
身体が動かなくなるその時まで

与えられた人生が誰かの救いになって
「間違いじゃなかった」と
笑い合う日が来るだろう
生まれた時からなんて そんなものは無くても
屍を超えて今此処に立ち手を上げよう
手に取ったものがいつしか自分を殺めても
それでいい 届けよう
私の声が終点に辿り着くまで