アネモネ – DUSTCELL

伸びる鉄塔 這う環状線
窓ガラス叩き破って
無法状態 塵積もる街
路地裏 札束の群れ
あぁ喉を抜けて巡り巡る
錠を奪い去ってまた
君の夢を見続ける日々さ

排他 娯楽 論理 屑で青い僕はさ
未だにまだ痺れてるんだ

さぁ目を開いて哀を縫って
幽霊のように姿を変えながら
相思相愛 こんな盲信
積み重ねた罪と鳴るは心臓
笑止千万 愛は幻覚
昏い夜に呑み込まれ行こうぜ
今宵狂って祈っている
埋葬できぬ愛に

不完全で曖昧な回想に溺れてしまうんだ
春風も錆びた踏切も全部
君ごと全て忘れ尽くして
不条理な人生だって少しは笑いたいのさ
こんな救えもしないまま月は溶ける

レールを外れ去り 俯いて
奇を衒って 酔い纏って 歩いてきたんだ
生き吸って 生き吐いて
また吸って 命繋いだ

若輩的な執着心も
妄想的な感情たちも
焦燥的な不安も全て
そっとそっとここで
燃やしきってしまおう
灰の海に返そう
そうできたらどんなに幸せだろうか

変わってしまう僕は
同じままでいられないや
変わらないまま君は
あの場所でまだ眠ってる

あぁ善も悪もないこの市街
飛ひ交う異国の言語 注射の針
塔に靉靆 動くは傀儡
正気ではないままただ溺れていたい
底が抜けたバケツのような
決して満たされぬ無様な命でも
今宵狂って祈っている 埋葬できぬ愛に

不完全で複雑な感傷に浸ってしまうんだ
アネモネも赫いサイレンも全部
君ごと全て忘れ尽くして
さよならも告げないままで
止まった四月の午後
こんな救えもしないまま
月は滲む