春の羊 – Drops

すくった 絵の具肌にのせて
重なる いくつもの気持ち

まざった 春の夜はアスファルト
おぼえてる? 淡いグレーの潮風

ふたつのこころとからだ
時々ほら ジグザグにはぐれて
今 あなたは何をしているの
私をここに置いたまま

ねぇ無くさないで
ふたりの意味を
目を見て 必要だと
ちゃんと言ってほしいの
誰も知らない あの海の色を思い出したら
手をつないだまま 眠ろう

さわった 花びらは柔らかく
ひんやりとした心地

ひねった 蛇口の水わけあって
もう少し 枯れないでいて

床に転がした言葉
自分のじゃないみたいにがさがさで
あーわたしはどうしてこうなの?
いやだよ 手を離さないで

たいせつにしたいのに
なんでぶっこわしたくなったり
ごめんよ わかってよ
勝手に泣いてるの

本当はもう 知ってるの
言わなくちゃ 言わなくちゃ
どこにも行かないで
そばにいて