サクコロ – doriko feat. 初音ミク

目に見えないものなら
そこにないと同じと思うだろう
ただただ それはすり抜けてゆく風のように

幾千行き交う影の中で足を止めて私を見てた
ただただ そんなことが嬉しかったのか

自分が何かも忘れてしまった
私にもう一度 私にもう一度

こんな姿だけど怖がらないで 傷つけたりしないよと
伝える術さえ分からないから 声も出せない
手を伸ばしたのはあなたが先か
黄色い花の咲く頃
応えた私に笑ってみせた あなたは綺麗で

何処に居てもあなたの姿ばかり探してしまうようで
ただただ そんな自分に戸惑っていた

悲しい思いをしたいわけじゃない
私はもう二度と 私はもう二度と

ガラス越しに触れた手と手のような 決して交わらないもの
その隙間には何を詰めたら埋まるだろうか
好きという言葉もあなたが咲きで
赤い花の咲く頃
泣いた私と共に泣いてた あなたも綺麗で

怖いものなど無いはずなのに
迫る夜に怯えていた
もう分かってる 知ってしまえば
優しくて優しくて 痛いほど優しすぎて

帰れずの森へと迷い込んでは 帰る場所など無いと言う
その眼差しに陰りなどなく 揺らいでしまう
さよならだけは私が先で
雪の花が咲く頃
凍えた私をただ抱きしめた あなたは綺麗で

コメントを残す