古いレールの上を腕を引かれ歩く一人で大丈夫とそれを振りほどく 僕が選んだ靴なのに履けば擦れて痛かった脱いでしまえばいいのに無理してみたんだ 血が滲み立ち止まる ねえ行かないで愛されるのが当たり前だと思っていたから すぐそばの未来さえ僕にはまだ見えない夏の空はいつも眩しくて目を背けた この先にあるものは悲しみかもしれないそれを「明日」と呼んだ美しさ 分かるだろうか 君のこと好きだから僕を忘れて嘘をつくにも近す
私口下手ってクドクド言われますがそんな訳ないだろって言ってんの 知ってんの?けれどいざって時 クラクラオーバーフローね大脳が吐き出した オノマトペ あいつら無責任にげらげら笑ってますが死活問題かもって どーすんの? Don’t you know?姿に気づけば 距離が縮まれば 声が聞こえればうらららら どーすればいい トキメキオハナシ口を開いて はわわあたふたいい天気ですね かくかくしかじか今日
決して1つにはなれない すぐに気づいてしまうけど僕はこんなに脆いから 君と寄り添うのだろう 重ねた分の熱で余計な寒さを知るけど手を繋ごうか 今だけでも 僅か1秒でいい 僕より後にして君のいない世界には 音も色もない笑う人もいるかな ただ誰であろうともそう思えることがいつかあると自分の知ること以外 僕は何も知らないけどまだ信じていさせて 晴れていようが 雨だろうが閉じたままのカーテンのように何も見ないまま
目に見えないものならそこにないと同じと思うだろうただただ それはすり抜けてゆく風のように 幾千行き交う影の中で足を止めて私を見てたただただ そんなことが嬉しかったのか 自分が何かも忘れてしまった私にもう一度 私にもう一度 こんな姿だけど怖がらないで 傷つけたりしないよと伝える術さえ分からないから 声も出せない手を伸ばしたのはあなたが先か黄色い花の咲く頃応えた私に笑ってみせた あなたは綺麗で 何処に居てもあ
すこしばかり後ろを歩く すこしばかり小さな私その視線は今の私を背後から刺した 抱えていたそれが嫌いで 確かに捨てたはずなのにどこで拾い上げたのだろう 大事そうにしていた 蝶よ花よ君よ 愛されていたんだね咲くも散るも選べない 悲しみと裏表なのに 気づけば持ってたもの 何かも知らないもの蓋さえもない箱はいつからそこにあった大切なものだと言われた気もしているいらないものと間違えたかな重くなる日もあって 軽くな
あたりまえのことも出来ない君をきっと悲しませたね気づいた日に見えた空は青いままにこの両目に滲んでいる たわいもないことで褒められ喜ぶほど子供じゃないけどせめて君に 次も恥じないようにと小さなその欠片を集めた 覚えたての台詞を繰り返し叫んだ背伸びの頭上には無数の流れ星憧れを追いかけては またとない八月も瞬き 掠れた声と過ぎて行く 青色 青色のままで 拙い言葉を重ねるもう少し 上手く君に言いたくてどうして 
どこにいるの どこにいるの 眠るシンデレラ私に寄り添う彼女の声をかき消してみせて 時計の針は胸を刺しながら回っているそれでもバネを巻くパパとママ達ねえ痛いんだよ 止めてよって言えばいいの彼女は「無駄だよ」と耳元で囁いてる 7階から見える灯の先へこのリードの長さで届くかな 逃げ出そうか ロミオと電車に揺られ狭い狭いヴェローナの外までもう帰れないね なんて他人事みたいに言おう赤い甘いリンゴを食べながら さあ動
この左手 君の右手ガラス越しに指を重ねて目を合わせて笑ったならほら 同じように笑った たずねたいことがあるんだ 私はどう見えるかな鏡に映るそのままに 見えてるのかな変わりたい時もあるんだ 今と違う自分に少しずつでいいから 素直になりたい 「私にお似合い」って言うけどどんな意味?「誰かの思う私」もいいんだけど さあ新しい服に着替えて 君ともっと遊ぼう好きなものなんて自分が決めるものでしょうああ答えだってな
琥珀色の帰り道長い雲を追いかけて蹴り飛ばした小石の先遠すぎた坂道 狭い街は広すぎて何処にも行けなくてすぐ傍に落ちてしまう紙飛行機じゃ飛べない 背中に翼は無い飛び立つ勇気も無い恐がりの僕が泣いたのは弱さだろうか 誰にも邪魔されない籠の中で眠れる僕を起こした君の声今なら何処へだって行けるけれど答えて なら何処へ行けばいい 知らない世界にあったものは憧れか孤独か帰る場所も分からない今でもそう 今でも 覗き込んだ水
きっと終わりだろうって言ったガラクタ明けない空の下 残らず事切れていくそんなはずはないと言って振り返ればもう何も応えない何を違えましたか 人とは素晴らしい生き方をご存知でどこまでも正しいのでしょう疑う余地もなく常識の真ん中で私を生み出したあなた様はどこにいますか 忘れたものを探しに行けばいいのですか錆び付く足はまだ砂の上で迷う少しも疑わないで何も知らないまま言葉も交わせずに涙を零すだけ誰の代わりに きっ
暮れ行く夕日影に覚ゆる漣に舞う舟夕凪 淡く陰り静寂に 月が弓を引く 嗚呼 愛し君よ 遥か夏霞嗚呼 夢花火が 輝く儚き日々 遠き世に 唄う蝉時雨恋一つ 花と散りぬれば愛し君よ 偲ぶ面影よ揺れて 揺れて 千代の憂き世に蔭ろう 瞬き 独り数え短夜 分かつ星に問う まだ 愛し君よ 空も移ろうか嗚呼 頬はいつぞ 涙を 忘るるのか 恋しずく 流る天の川願わくば 今宵 彼の人へ愛し君よ 見えぬ鵲を誰か 誰が 永久の別れと
そちらはどうですか 少しは慣れましたか?風邪とかひかず笑ってますか? こちらはどうやら ちょっと抜けてます右から左です変った環境のせいにしているけどもともとかな ふわふわな雲 ゆるり流れ少し遅い 六月病風にも負けず 走る君を飛行機雲と 見送った そちらはどうですか 少しは寂しいですか?たまには泣いたりしちゃってますか? こちらは未だに ちょっとずれてますいつも笑われます意外にそれでも平気と気づけたり日は昇
眩しさの中開いてくまだ小さな目と目ぼやけたままの瞳から僕を見ていた ここにいるよと差し出せば確かめ合う手と手握り返した指をまだ離しはしない 悲しみに泣いてしまう日が無いように何より願ってる 君の世界を守ろう君の触れるすべてが愛しくて 愛しくて壊されぬよう 君と時間を歩もう奪われない記憶をひとつずつ ひとつずつ刻んでゆく この腕を離れてく日が来ることをどれほど知っていても 君の涙を拭おう悲しませるものなど残らず
一つ二つ歩む足は石段を数えて登りつめた社に咲く薄紅 此処で見送り 此処で佇む一人産土から 帰りを願う 夜空に舞う短し春遠く闇へと滲んで同じ明日を共に見てた過ぎし日を連れてく 縋るだけの神の風よ救えないならせめてはこの可憐な桜花を彼のもとへ運んで悲しまないよう 彩りは変わりゆく静かに止め処無く戻れない影達の居場所が消えてしまう 何処にいますか寄り添い生きた季節がまた終わる次を待つのは遠すぎて 還らぬ人 還らぬ日
朧げな季節に董が揺れてる少し早すぎると君は言うか 残り雪はただ溶けて消えてゆく終わり無い気がした歳月(ひび)は遠ざかる 彩れ花吹雪 君よ美しく霞の向こうから手向けを送ろうそこから見えるのは悲しみ 喜び答えはいつまでも今もまだ無いまま 望んだ言葉と学んだ言葉の間(はざま)で泣いてた君を知っている さよなら 好きでした けど嫌いでした逃げ場所がないほど 君はそこにいたこれから出会うもの 離れてゆくもの忘れたい
忘れものを忘れてしまわぬよう君の好きな歌を歌うよららら ここは悲しみなど見えない何もかもが眩しくて痛いよ 手のひらかざして拒んだ夕暮れ窓辺の席から影は伸びてそのまま何もない隙間を黒く染めて隠した 始めから何ひとつそこには無いかのよう私だけが知ってるいつのまにか綺麗に消えてしまったものは大切なものばかり ここにいるよ 君のいない時間はどこにいても 迷ってしまう世界中が忘れてしまう前に一つ一つ この胸に刻む
美しい鳥が羽ばたいて音も立てず飛び去った誰の目にも触れないほど静かに 醜い鳥も羽ばたいて煩く水面を揺らす誰もが振り返るほどに激しく 浴びせられた非難の雨に彼は零す「うまく飛べるまで邪魔をしないでほしい」 譲れないものの数 もがいた水の上擾乱を巻き上げて せめて波紋となれ故に水は濁ってく あるものは彼を許せず石を投げて追い詰めたようやく彼は願うことをやめた 不出来なまま一人飛び立つ彼は零す「そんな哀れんだ目で
高い壁の城の片隅で向かい会う広い部屋の中は綺麗すぎて息さえもできないねえここから逃がして 好きだというなら 私だって愛されたくて 見つけた共犯者の理論苦い位の毒を吐き 消せない跡を付けて許されないことがあるって 許したくない人が言う惰性を植え付けるより ただ認めてほしかった 鈍い痛みがして失くしたものを思う手にいれたものと天秤にかけるなどしたくないもう考えたくない 信じていさせて 触れられたいと思うほど 
無くしかけてた私の名前を一人あなたは呼んでくれた ここにいるよ答えて伸ばしたこの腕は何も掴めず声は届かない 一つ一つ変わってゆくその景色を私は悲しいほどあなたの隣で見てた 優しく消えてゆく 私の居た世界あなたのくれた時間で何を願う私を忘れないで 私をもう忘れて偽りのない言葉はまだ言えない 誰も彼も忘れてゆくこの名前をあなたは悲しいほどいつまで繰り返すのか 望んでいたものは何かも分からない呼ばれたことに喜ぶ子
「願い事ひとつだけかなえてあげましょう」君はその時何を願うやり直したいこと それともほしい物そんな魔法は使えないけど 君の好きなものひとつ教えて多分私にも寄り添い合えるものがある 二人でできることを私と見つけましょう忘れたはずの歌を聴かせて溢れ出す涙は私が拭いましょう痛みも夢も君と分け合いそのドアを二人で開けたら 何処でも行ける 願い事ひとつさえかなえていないけど君の隣で同じものを見よう外では冷たい俄雨
白い白い舞台で恋に落ちた Romanticこの想い届くかな雪がとける前に 光るダイヤのよう 降り注いだ冬のパノラマ眩しすぎたものは 空か君の笑顔か まるで子供のよう この行方を思うだけで憂鬱な冷たさも忘れた 曇る窓を開いて広がるここは winterland君と夢を探して 夢中で滑り出す 白い白い世界で追いかけてた Romantic掴めそうで掴めない あの雲と君 淡く赤く色づく積もり積もる切なさ追い越して言えるかな
何気ない思いで演じてみた姿どんな風 あなたには見えた素敵だと言われて喜んだ私はどんなに単純だろうか そこに映るのは醜さを隠すいつしか思い描いていた綺麗な私だった 望まれた姿になろう望まれる限り私はそれが幸せと思いたい愛された気がしてるのは多分嘘じゃない鳴り止まぬ拍手の音が響く 喜んで欲しくて あなたに見て欲しくて私は演じ続けてた声に耳を傾け 自分さえも変えてくどんなに辛かったとしても そこに映るのは知らな
名前を呼ばれた気がして一人目覚めてはあなたを探してる いつかは大人になるのだとここを出て行ったのは何故この手は届かない 想いを浮かべて 言葉に託して終わりの無い 声を重ねて描いてく失くした昨日も 願った明日もあの日のまま あの時のまま 変わらず歌うよ さよなら 誰かが言うんだいつしか私の時間を追い越して 疑うことなど知りたくない私はあなたが残したあなたの声だから 想いを浮かべて 言葉に託して限りの無い 自由
どうして誰より近くにいるのに何もかもが分からない覗いた君の顔が見えない寄せて返す波のような距離をその手と手は繰り返す揺らめくような微熱の中にいた 海へ続く長い長い坂道は 邪魔なものをくり抜いたみたいで押して歩くばかりの自転車も その時だけ自分を思い出す 君の後ろに座る度背中にもたれた耳に聞こえた切ない音 こうして誰より近くにいるからその心を分かりたい聞こえる鼓動の意味を知りたい腕を広げてみたら飛べそうな
窓越しの外は無機質なキャンバス そこに描かれる白黒の細密画 息の詰まるような人混みの中からこの私を誰が見つけられるのか 同じ群れの魚達が溺れている水槽のよう顔を出した隙間の上見てたように空が代わりに泣いた 雨が降る人も町も滲ませ静かな水彩画に変えてく小さく色を添える花のように傘を開いて咲かそう 同じ色の傘ばかりが揺れて消えるモノクロームここにいると示すように私だけは鮮やかに咲かせよう 雨が降る人も町も滲ませ静
あなたと話したことなどないだけど知ってます正しくないことも 悪い人なことも そうだと誰かが言っていた誰もが言っていた早く認めたらどうですか ねえ誠実な私が報われず苦しいのに見かけたあなたは そう微笑んでたああきっと普通じゃない普通なはずなどない疾しいところがある 無いはずがない 聞こえますか 見えてますかそこに迷い子がいます私が教えましょう 人に優しく清く正しく罪を許さない誰もが望むように 私も望んでる あ
そっと吊り上げた生き餌を眺めてはただ哀れんで笑う彼らは誰いっそ食べられてしまえば楽になるこんな慰めのためにならなくていい それはもがけばもがくほど深くその無情な針が穴をあけるだろうやがて気づいたのか動くのをやめてそして静かに泣いていたね 「例えば誰一人君を許さなくてもただ一人私が君のことを許そう」その声が欲しくて少し望んでみてもそれさえも許されない そんな世界 悲しいことを犯した罰だとそれは呟いてもう泣き
高い空を駈けていった まるで星のような光少しずつ 少しずつ 遠くなって 見上げていた僕らはただ その行方を探すようにどこまでも どこまでも 追いかけてく この先には何もない すれ違った人は言う僕は知らない 自分の目に映るまで 広がる夜の彼方へ昨日までの向こう側へ浮かんでいた無限の道標 まだ何も見えなくてもあの場所から見えるはず指の先でなぞった地平線 長過ぎた道は暗く寒く 凍えてしまうと君は言う一人が零す諦め
言葉をあなたに捧ごうこの僕の心と同じ憂いを文字に籠めてどれだけ綺麗に描けたならあなたに届くのか 涙零した二つの少し離れた雨傘あなたの声が聞こえない雨音が邪魔をした 初めて誰かに恋をしてたきっとあなたも気づいていたね胸を裂く切なさを手紙に綴ろう 言葉をあなたに捧ごうこの僕の心と同じ憂いを文字に籠めてどれだけ綺麗に描けたなら伝わるだろうか言葉にできないなんて逃げ出せないまるで一人孤独な文学者僕が織り上げた言
20世紀の星を浮かべてコペルニクスさよなら愛し日々よ 明日を窓の外に見ていたノスタルジア時をかける君はいつの日も笑った気づけば大人になってしまったレアリスム誰より恋い焦がれた君はもう飛べない 子供の頃見たあの人は何処さらば幻右から左 時代が逃げてゆく 20世紀の星で生まれてコペルニクスきっと未来には誰も知らない常識が回ってどんな世界でもギターを奏でヘンドリックス悲しみなんて消えていることでしょう 奇跡のテ
私の恋を悲劇のジュリエットにしないでここから連れ出して…そんな気分よ パパとママにおやすみなさいせいぜい いい夢をみなさい大人はもう寝る時間よ 咽返る魅惑のキャラメル恥じらいの素足をからめる今夜はどこまでいけるの? 噛みつかないで 優しくして苦いものはまだ嫌いなのママの作るお菓子ばかり食べたせいね 知らないことがあるのならば知りたいと思う 普通でしょ?全部見せてよあなたにならば見せてあげる私の… ずっと恋し
帰り道は夕日を背に君の少し後ろを歩く 背の高い君に合わせいつも歩幅が大きくなる この坂を登りきってしまったらもうわかれ道がすぐそこに 君はうつむいて「あと少しだから」と顔も見ず 私に手を差し出す ありふれてる 幸せに恋したそんな時が 今も優しくて振り返れば その手がすぐそこにあるような気が今もしてる いつのまにか 君だけを見ていた君がいれば 笑っていられた触れた指に 伝う鼓動さえもその全てが愛しかった わかれ道
どこまでも静かな一つの記憶 夜半の雪が映すいつか見た白さ 誰かの声がした透通る声 私が覚えてる確かな「存在」 淡き色は輪郭を得ない消えるように君が言った言葉だけが残される 「さよなら」 夢のように溶けて消える雪をこの手に集め遠き空を彩るきらめく星になれ君にも見えるようにどうしてこんなに世界がきれいなの 限りのある月は欠けてゆく砂時計が枯れる前に言葉はもう届かない 季節よ 変わらずにずっとずっと 雪を悲しみ一つ 残
忘れてゆける どんな傷さえあきれるほど美しく 眠ったままの 心が痛む疑問だけが目を覚ます 同じ顔した愛はいらない鏡の中の恋は幻 鮮やかな過去優しい言葉そんな夢より誰か今真実を 下さい 誰もいない こんな世界で私はなぜ泣いているの?見上げる空は 遙かな孤独ただ行き場のない想いの姿 「胸が痛い」 同じ色の中を 泳ぎ続ける意識意味の無い答えと 知りながら受け入れてあなたは 幸せ? 過ぎ去りし日 置き去りの嘘疑問だらけの 
少し早く色褪せた町並み霞む影と薄紅の日々は儚く思い出さえ 零れ落ちゆく昨日が愛しくて 立ち止まる 狭い箱庭で 二人織り上げた空は変わらずに 今でもあるかな青く降り注ぐ 外を眺めては今は誰に問いかける 薄紅の世界に残されて一人佇む 私を見つけて移り行く輪郭の無い色追いかけそっと手を伸ばした 人は孤独なこと 指を重ね気づく届かない どれだけ触れても花びらは追憶 その手まですり抜け触れることさえ出来ないと気づ
好きな人と歩いた場所もその時見た景色も 振り返らず 今を駆け抜け私は何と出会うの 立ち止まるほど意味を問うほどきっとまだ大人ではなくて 今見てるもの今出会う人その中でただ前だけを見てる ~10年後の私へ~ 今は幸せでしょうか?それとも悲しみで泣いているのでしょうか? けどあなたの傍に変わらないものがあり気付いていないだけで守られていませんか? 過ぎし日々に 想いを預け時間だけ ただ追いかけてく 背に寄り添った 誰
揺れる鼓動凪ぐ蒼き底抱かれ眠れるは篭の鳥きっと誰よりも幸せで暗い窓の外も 憧れで織り上げる 見つめる恋に 篭は鍵をかける傷つける嘘ばかり それが全てと 窓越しの君 それでも変わらずに追いかけて 追いかけて怖くなかった 水の底から 駆けだすは恋あなたのもとへ 行きたいと願うこの足がもし 動くのならただ一度だけでも 迷いなく傍を歩み 遠い場所を見つめるほどにどこか悲しげな声がしたそっと鍵が外されたことただ喜ぶ
この想いに 輪郭を与えられたならば浮かんで消える虹のように 見えるのかな淡く長く どこまでも切ない弧を描き欠けた色が君を探す ねえ 聞こえる?私の小さな声ねえ 見えてる?私のいる場所ねえ 知ってる?私の想い全てねえほんとは分からないんだ 一人きりの問いに答えは届かずたとえ君がそこにいたってだけどいつかそのドアを開けにきてねもう動けない私を連れだして この想いが虹をかけ君に届くならばはやくはやく迎えにきて
明日の天気予報はどんな感じ?雨のち曇りで 日月火水木木土土 きっとそんなよくない空模様 心模様でも 「あいつ」の予報はハズレまくる そうさ 僕らだって実はそんなもんじゃない明日のことなんて誰にもわからない 人は世界を変えられる 踏み出す勇気があれば空へ届け!「明日天気にな~れ」ですぅ 光る夢を追いかけてく僕の邪魔をするあれや これやら まとめてぶちぬけ! ぶちぬいてけ!あるがままの自分でいよう なんか理想と違う
沈みゆく星で焼けた空を見上げてる 見捨てられた場所それが人の世界 悲しみを抱いてこの地上を飛び去ったあなたは今でも此処を見てますか 声よ届け 遥か遠く 見下ろす星 アストライアあなたの愛した人には僕らはなれない 「不完全な人」が創るこの世界は歪なままだけどそれが生きている姿 過ちを越えて鉄の羽を身に纏い 人は空さえも手に入れてしまった でど分かっている作り物の翼ではあなたのもとへは辿り着けない 声よ届け 遥か遠く