Faces – Do As Infinity

家路急ぐ
人の群れ吐き出す

地下鉄のホームは
息が詰まりそう
狂喜の夜 繰り返すよ

ウィンドウに映る
蒼いシェイプ

見分けつかないほど
皆んな無表情

連れ出してよ
ここからすぐ

いつ無防備じゃだめだって
教えられたの

現実に幻想が 敗れたら
どんな顔をするの?

悲しみで幸せが 曇っても
笑っていられるの?

ダイヤモンドだけじゃ
足りないこと

僕等 気付いている
なのに見とれてる

知りすぎたね
時の中で

もっと上手に生きても
渇くばかりね

憧れが失望に 出遭うとき
どんな顔をするの?

一瞬が永遠を 撮らえても
冷めたままでいれる?

ずっと うつむいたままじゃ
虹も見えない

悲しみも幸せも この胸で
創り出してくなら

もどかしさ解きたい
誇らしく 向かい合いたいから