Stranger – DEZERT

雨上がりの町の香りに
君の面影 思い出す
歩いた道に罪はないけど
いらない いらない もういらない

戻れないのなら壊してしまえと 時計に怯えていた
あの頃の僕は 救いようがなくて
今は 今は と逃げてきた空が思い出に染まる

あなたが終わりに見せた笑顔
あなたが此処で見せた涙
今なら全て抱きしめるのに
どうして どうして 今は見知らぬ人
僕と君は 今は見知らぬ人

雨上がりの町の景色に
君の面影 滲んでゆく
見上げた空に罪はないけど
いらない いらない もういらない

戻れないのなら進むしかないと 時計に見向きもしない
あの頃の君は 強く気高くて
ひとつ ふたつ と逃げてきた空が思い出で翳る

最後のさよならもありがとうも
僕らが交わしたあの言葉も
今なら大切に歌えるのに
どうして どうして 今は見知らぬ人
僕と君は 今は見知らぬ人

たったひとつの言葉が喉元につかえてるんだ
今更伝えれはしない 同じ空の下でさえも

あなたが終わりに見せた笑顔
あなたが此処で見せた涙
今なら全て抱きしめるのに
どうして どうして 僕は

あなたをこれから支える人
あなたがこれから愛する人
さよなら 幸せでいてください
どうして どうして 僕が其処に居ない
僕と君は ずっと見知らぬ人

コメントを残す