天使の前頭葉 – DEZERT

待ちぼうけをしたあの街にもう
さよならなんてきっと届かないから
雨に打たれて 風に吹かれて
この行方を嫌ってくれよ
思いだしたらその時には そっと泣いて

何も知らずに行くのならば
羽を捨てて 迎えに行こう
歪んだ声も 掴んだ跡も
空に堕ちた

待ちぼうけをした色んな蕾がまだ
この掌歩いてるんだな もう戻れないよ
孤独の旅も いつか終わるなら すごく美しい
いつもどおりの悲鳴 ありもしない千の音達が
鳴り恥じる

繋ぎ止めないでよ 君の音よ
うねり上げた 君の声よ
悲鳴をあげて 空を照らし
僕に堕ちろ

照らさないでよ 苦しいから
愛さないでよ 忘れるから
歪んだ声も 繋いだ跡も
空に堕ちた

コメントを残す