tokyo wind – DEEN

住み慣れた故郷(まち)を出て5年の月日
ホームで手を振る君が今も微笑む

いつの日か失くしていた
自分という存在

夢中で追いかけた憧れの東京
あの時の僕はいない
都会の向かい風に流されてゆく
このままじゃダメだって
解ってる

あの頃のフォルダ開けずにいるよ
チープな鍵盤(ピアノ)を久しぶりに鳴らした

折れた自信ってどうしたら
蘇るのだろう

希望という光 今は見えない
ちっぽけな僕を笑って
スクランブル交差点 動けなくなった
こんなはずじゃないって
叫ぶよ

夢中で追いかけた憧れの東京
あの時の僕はいない
こみあげる想いを風にさらわれ
それでもこの都会で
生きてゆく

コメントを残す