Forever Friends – DEEN

都会の暮らしは急ぎ足に時が過ぎて行く
街中でふと懐かしい歌声を耳にした

その曲を聴かなければ過去を振り返る事もなかったろう

君を聴いていたあの頃はよく僕を
空だって飛べる気にしてくれたね
君は 60年代に生まれてきたというのに
輝きは今も褪せる事はない

友と一緒に君を歌った季節(とき)は宝物

リバプールの街角で いつか君を感じてみたいよ

君は何も変わっていない
でも僕は変わっていく
その度に君の新しい姿を知る
時に移り気になる時もあるけれど
結局君のメロディーに帰ってくる

これからも僕の側にいておくれ

君は僕にとっての Forever friends, In my life

P.S. I love you