BURN – DAN JYO

強がるほどに 迷子になる思い
素直になれない そんな年頃

乾いた喉 水を注いでも
いくら飲み干しても 癒されないんだ

燃え上がる感情は 抑えきれない
胸を突き抜け to the sky to the space
くすぶった情熱は 涙に濡れても 決して消えない
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up

真実なんて 指ひとつでスワイブ
誰にもなれない そんなご時世

乾いた喉 水を注いでも
いくら飲み干しても 癒されないんだ

湧き上がる衝動は 抱えきれない
胸を突き抜け to the sky to the space
空振った情熱は 地べたに落ちても 消せない
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up

燃え上がる感情は 抑えきれない
胸を突き抜け to the sky to the space
くすぶった情熱は 涙に濡れても 決して消えない
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up

投げつけられた言葉で着火
出てくる言葉ヒッチャカメッチャカ
だけど揺るがない思いはFire
こんなもんじゃない
目指してんのはここよりHigher

湧き上がる衝動は 抱えきれない
胸を突き抜け to the sky to the space
空振った情熱は 地べたに落ちても 消せない
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up
Burn Burn Burn Burn Burning Burning up