月に銃声 – DaizyStripper

溢れ出す暗闇の中に冷たく輝く銀の丸い幻
鳴り響く銃声が月を撃ち抜いたなら出会える
四角い空へ

指先にこぼれ落ちた一枚の花びら優しく風に消えていった
感情は隠したまま強がって震える指先 嘘つきだね

消えてゆくモノ 咲き誇れるモノ
その全ては 何故枯れちゃうの?
孤独な夜の月に問いかける
答えは「」

溢れ出す暗闇の中に冷たく輝く銀の丸い幻
「愛してる」叫び続けてる声を枯らしてる僕をどうか笑って

情景は昔のまま
夢を追い続ける足音 虚しく響いてる
どうか神様お願い 銃声の向かう先僕を導いてよ

街を歩けば 争いながらも
人は孤独を殺している
闇を恐れて 夢中で呼んでも
まだ夢の中

すれ違う人々の胸に優しい光がさして手を取り合ったら
「空の下」
願いを描いて
そこに君がいて欲しい ただそれだけ

震えてる 夜空 月の下
追いつけない理想の世界
それでもずっと歩いて行けるの?
答えは「」

移り行く季節は流れて春を待っている月はそっと微笑む
いつまでもそばにいて欲しい
そばにいてくれるだけでまだ闘える

花びらが夜空に舞って星達と踊ったらもう独りじゃない
「ありがとう」
声が枯れるまで叫び続けるよ
ほら 銃声に乗せて

prey for the moonlight