ハッピーエンド – CYANOTYPE

ハッピーエンドで踊らせて
報われたっても、良いじゃない
世界が腐っても
心だけは腐らせないで

とあるライブ会場にて、かがみながら見る君が
少しだけ不格好で笑ってしまったけれど
なんでなのかと尋ねたら、君は申し訳なさそうに
「かがんだ方が後ろの人も見えるかなって」

資本主義のこの世の中だから
善意は透けて見えるこの世界
よどむことを知らぬ君は
僕の目に儚く映る

ハッピーエンドで踊らせて
みんなが笑顔でいいじゃない
何か壊して、問題提起
大切なのは分かってるけれど

ハッピーエンドで踊らせて
報われたっても、良いじゃない
世界が腐っても
心だけは腐らせないで

今日の君は何も、悪くないのに怒られていて
優しい君だから、何も言ってないけれど
辛いはずなのに電車の中で席を譲る君を見てると
僕は心が、ぐしゃぐしゃになってしまいそうです

君が泣くのをやめてくれるなら
僕はすべてを投げて守りたい
だって君は優しい人
だって君は素晴らしいから
だから一緒に楽しいことしよう
笑顔になれることをしよう
決して強くない君が壊れて
しまわないように

ハッピーエンドで踊らせて
守ってもらえばいいじゃない
雨降る中を歩いてたら
きっと風邪を引いてしまうから

ハッピーエンドで踊らせて
僕はヒーローじゃないけれど
ハナガラのカサ持って
今すぐ君に会いに行くよ

偽善ごとでも世界埋め尽くしたら
きっとキラキラ輝くから
嘘でもいいよ、それがいつしか
誰かの支えになるなら

ハッピーエンドで踊りたい
ハッピーエンドで踊ろうよ
ハッピーエンドで踊りましょ
ハッピーエンドで

ハッピーエンドを作ります
きっと君を幸せにする
だから二人で踊りましょう
君が君のままでいられるように

ハッピーエンドで踊ろうよ
きっと君を幸せにする
二人のエンドロール
流れる曲「ハッピーエンド」