アンビバレント・ハイウェイ – CROWN POP

その横顔 いつもよりも
ちょっと強ばるカーブ
窓の向こう 流れる人波を
追い越して

ハンバーガー ゲームセンター
寄り道できないスピード
“きれい”って言ってみるイルミネーション
一緒に見られない

アクセル踏んだテールライト
ね 本当は
助手席では黙っていた
免許取ったのは
キミより先だったんだ

今すぐにハイウェイ
乗んなくたって
ふたりの速度でずっとずっと
遠くまでも 行けるのに ほら
ただ傍にいれば

季節外れのソフトクリーム
溶けるまでの時間も
キミは急いで サービスエリアに
置いてゆく

かつては自転車
息を切らし もがいた
あの街さえもう見えないね
それでも今は

黙れないよ ハートは
ね 本当は
退屈なそぶりしても
左の目視
ときめいちゃって つらい

ひたすらにハイウェイ
もう一直線
自由なルート行く余裕ない
ナビ通りしか進めないまま
駆けてく若葉マーク

加速してく
脇目ふらず まっすぐ
光が繋がり 溶けてゆく
大人になりたい
このままでいたい
どちら打ち明けよう

黙れないよ ハートは
ね 本当は
退屈なそぶりしても
左の目視
ときめいちゃって つらい

今すぐにハイウェイ
乗んなくたって
ふたりの速度でずっとずっと
遠くまでも 行けるのに ほら
ただ傍にいれば