風がたどりついた丘のうえで撮った写真にはこぼれ落ちる太陽翳りなく 笑った君がいる 遠く揺れるさざ波に果てのない 夢を誓う 今よりずっと無邪気でいれたんだ どこにいても「立入禁止」 壁をよじのぼった 地図なき青春 できないことは 何もないひたすらに 胸高鳴りあの頃は 輝いてた 忘れながら人は探しながら生きてゆくのさ あの日を想いながら 街の片隅に花壇があってどこかで見た花があるひし形に区切られた夕暮れフェンス越しに子供たちがは
枯れ葉が風に揺られて踊っている小高い丘へと続く かよい道この坂を2人乗りでのぼった日ペダルの重さに 僕は苦笑いキミのゆわいた髪だって 腰にまわす手だって忘れないように 詰め込むよ スーツケースココロにずっと抱えて 旅をしている出会えた日から キミを道づれに You will hold me sweetly どこまでもYou will
smile 笑ってみせて僕のとなりでsmile your smile君の笑顔smile もしもひとりで泣きそうな夜smile your smile思い出して 窓際に置かれたふたつの椅子がある僕らのためだけに 並べた隣りにいて欲しい話をして欲しいいつも君だけを Smile見つめてるよ smile みんなが君をそう呼んでるよsmile your smile素敵だからsmile だけど時々悲しい瞳smile your sm
ホウッと吐いた息が白い路地を曲がり君の部屋へ三歩くらい前を気持ちが先に 歩いてゆくよ 冬生まれの君と僕は足りないもの良く似てるね素直になれないけれど 本当は一緒にいたいのさ 冬のうたが聞こえるよ冷たい指 繋ぐ時ほんの少し 握り返し照れ笑い 隠してる 君が好き ふたりひとつの愛にいて暖まれるならそれでいい冬の匂いが深くなって鼻がツンとした 湯気の中の君が好き鍋の魔法 ときほぐす他愛もない 今日のことを大げさ
5回目のアラームで寝床から脱出成功寝グセがついてるけど 今日もそのまますばやく詰めこんだカバンを抱え走って駅前で気づいたんだ 財布のゆくえ 寝惚けまなこに差し込む 青空あさひ乗るはずだった快速 見送ってちょっといっぷく、休憩 風向きはいつも変わるストーリー急がずゆるめ 微笑んでEveryday Birthdayなにかがはじまる風に吹かれたらその気になってどこでも楽しむほうがいい毎日ちがうクライマックスさ