冷たく かじかむ 手の平には明るく 輝く 夢がある何度も 何度も 立ち上がっては君の笑顔 いつも暖かくて上手く言葉にできないけど本当はね 伝えたい 君に「ありがとう」(ah 今)抱きしめたくて 抱きしめたくてこの季節をまた 君と過ごしたいよ舞い落ちる白い雪が光に代わり 届きますようにCandle light昨日の 悔しさ 悲しみさえ踏み出す ステップ 一つ一つがいつかは綺麗な虹を描くこれからの未来