願えば何だって叶うと信じてた 笑って走ってた あの頃には戻れない自分の道 行きたいのって飛び出してみたけど自分の道 生きることって「はぁ~しんどいなぁ」泣いたって泣いたって 何にも変わらないんだよなぁもう何度、空に向かって言ったかなぁ。だから今日もランランラン 涙拭いてランランラン明日はきっと明日はきっと私、笑ってるよねもう少しランランラン 上を向いてランランランいつかはきっと、いつかはきっと、そ
『元気ですか?』タイミングの悪いお母さんからのメール今日は元気じゃないけど『元気だよ』ってメールを返す『がんばってるの?寂しくないの?お金はあるの?大丈夫なの?』『がんばってるよ。さみしいけど 夢があるから平気だよ。』ホントはこちらは泣いています 寂しくて不安で泣いていますメールだけだとばれなかったのにお母さん電話してきた電話じゃ嘘はつけなかった 元気なフリしたけどばれちゃった今ちょっと忙しいって
満員電車の中で 押しつぶされそうになってここには味方なんて いないような気がして駅からの帰り道 いつもの一人ぼっちポロポロと涙 あふれてくるそんな時には 思い出して一人じゃないよ大丈夫 ぼくがここにいるよへこんで泣きそうな時には 傘さしてあげるよ冷たい部屋に帰って テレビとしゃべって笑ってその時は一人きりじゃないような気がしてだけど響く笑い声は いつもの一人ぼっちポロポロと涙あふれてくるそんな時に
夢からさめて10秒後 思い出しちゃう一人ぼっちもう半年経つのに君の夢をみるくだらない話して笑う 楽しそうな二人手をつないでギュッとされる 直前でいつも目がさめるあぁあまだー あぁあまだ夢よさめないで同じ場面思い出して もっかいギュッと目をつぶるあぁあまだー あぁあまだ夢よさめないでどんなに願っても いっつも戻れない夢からさめて10秒後 しめつけられる小さな胸やっぱまだ引きずってること再確認私しか知
巻き戻ししたくなるよな やり直したい過去があるでしょうスーパーリモートコントローラーで僕はやり直したい過去に戻したあの日できなかった告白 あの日やめてしまったギターあきらめた大学にも行ったこれで後悔の過去とはサヨナラのはずだったのに僕の人生は楽になっていた でも大切な何かを少し落とした気がした早送りしたくなるよな 面倒な明日もあるでしょうスーパーリモートコントローラーで僕は逃げ出したい未来を飛ばし
神様お願いもう呑まないからたすけてくださいお酒はこれでおしまいにしょうと本気で決めるだけど1日経ったなら昨日の悪夢はどこへやら1度きりの人生なんだしと今日も右手には中ジョッキ イってきまーす!ハイハイハハハイ ハイハイハハハイすいませーん おかわり生中いっぱいハイハイハハハイ ハイハイハハハイ飲み会まじサイコー!渋谷のスクランブル交差点で交通整頓表参道の長い坂道をほふく前進「今を生きる」が座右の銘
総理大臣も完璧じゃない 警察官も完璧じゃないお医者さんも完璧じゃない 学校の先生も完璧じゃない100点の人なんてこの世にはいないんだだから今日の失敗なんて笑い飛ばしちゃえばいいんじゃない?そうさみんな半人前 半人前 ひげがはえても半人前 半人前恋をしても半人前 半人前だからだれかがいてくれて笑ってくれて泣いてくれるんだ あぁーいぇースーパースターも完璧じゃない お父さんも完璧じゃない鈴木さんも完璧
ねえ 私のわがままをきいて 私のわがままは聞きなれてるでしょこんなこと言ったら おこられちゃうのかなだけどね 伝えておきたいのあのね もしもね 私に何かがあった時は私の日記をもらって あなたとの思い出詰まってるからあなたを好きになった日も 初めてキスした日のこともねえ 最後のわがままを聞いて 最後と言われると寂しいものでしょあなたと私の永遠の別れの時が来たらそっと長いキスをして ちゃんと笑顔を見せ
有名人はいいね 生きてる証がある私がいなくなっても大きなニュースじゃないあなたは笑いながら そして少しさみしそうにつぶやいたね大きなニュースにならなくても 僕にはなにより大きなことあなたは僕に愛という花を咲かせてくれたんだあなたがここにいて 僕が笑っているそれだけじゃ生きてる証にならないかい「好きな人ができたら私を忘れてね。あなたにはずっと笑っててほしいから」あなたは笑いながら窓の外を見つめふるえ
贅沢できるお金もないし顔もスタイルも残念だけど「幸せですか?」と聞かれたら「もちろん!」と言える幸せな人生かなんて人に見てもらうものじゃない自分自身が幸せならそれでいいじゃない☆幸せのカタチなんてみんなそれぞれちがうもの私はお金よりも夢モテモテよりも、大きな1つの愛「大変だね」と眉毛さげて「辛いでしょ」と同情される人にはこう見えてるのかな『負け組』ってやつ幸せな人生かなんて人に見てもらうものじゃな
「バイバイさよなら」の後にはいつも「また明日会おうね」がついたのに言えないことがさみしかったな「さよなら 元気でね」ちょうどこんな夏の日だったあれから何年がたったかな笑って泣いたあの夏の日を君は覚えてますか?来週の花火大会に間に合わないからと用意してくれた花火のセット小さな打ち上げ花火寂しくなることくらいわかってたはずなのに…涙みたいにポタリと落ちた線香花火「バイバイさよなら」の後にはいつも「また
イライラしてても表に出さない大人の常職 ワキーンワキーンほんとはストレス爆発寸前 私は大人ニコニコしてても裏ではプンプン大人の常職 ワキーンワキーン体の割合 水分60,ストレス40%毎晩歯ぎしり 寝言で文句 起きたらこめかみ筋肉痛ほらほらここにも一日一本ストレスからきた若白髪カチンときたってガツンと言えない 悲しい性格親ゆずりお酒に頼って忘れたいけれど今は呑めないダイエット昨日お母さんの電話の声元
ドリンク ドランク ドリンクドリンク ドランク ドリンクドリンク ドランク ドリンクドリンク ドランク ドリンクおじちゃんチョコレートいっぱいもってるよあげるよついといで おじちゃんやさしいよおかしがあるから食べたくなるの空が見えるから飛びたくなるのあなたがいるからキスしたくなるのあたしのお父さん 中国人ありがとついてくわ ウキウキ連れてって
ワッチュ ワッチュ ワッチュワッチュ ワッチュ ワッチュワッチュ ワッチュ ワッチュ (ワッチュ)ゼンジー ゼンジー ゼンジーゼンジー ゼンジー ゼンジーゼンジー ゼンジー ゼンジー
涙いっぱいの笑顔で挨拶してる あなたの顔私はもうこれ以上見ることができなかったな涙いっぱいの笑顔で私を見てる あなたの手をギュッとにぎりしめて「あのね。」と小さく言った私が選んだ彼のことを認めてくれてありがとうお父さんの手とすごく似てたの だから私を守ってくれると思ったんだキラキラ涙溢れ出す 「淋しいよ」って涙は言うキラキラ涙流れてく 「心配ないよ。彼ならきっとお前を守ってくれるよ」涙いっぱいの笑