ある日 粉雪ボーイ 南へ 飛んだ亜熱帯ガールに 恋をしたから「サラサ サラサラサ」夢みた彼女は亜熱帯 もうだめさとけちゃう 僕はKO・NA・YU・KI 恋のみちしるべ 間違ったって It’s all right!かわいいベイビー 君に会いに行くよ「サラサ サラサラサ」夢みた彼女は亜熱帯 もうだめさとけちゃう 僕はKO・NA・YU・KI 夢みた彼女は亜熱帯 もうだめさとけちゃう 僕はKO・NA・
狂った時計の針直さず出掛けた夜彼女が待ってる居酒屋へ 迫った締め切りを無視呆れた夏の風は彼を裁くだろう 焦ったふりして囁くよ甘い言葉狂った秒針そのままで 誓った約束を無視やりたいけど、やれないのは今はただ、酔いたいだけさ今は彼女に服従 レモンサワーの濃い目の甲類喰らって酔っぱらって有線からはどんな気分?だってさライクアローリングストーンだってよ 昨日も今夜(きょう)も明日も明後日ももうすぐ、締め切り来ちゃう
The moon is full tonight It’s very whimsical The town is at rest Cold audiences I wonder why
家に帰っても部屋はグチャグチャで絡まったコードを解くスタートだMonday今日は眠ってしまおうそのまま寝不足の朝は大雨でだけど荷物の量は変わらないTuesday, Wednesday他の日だって変わらない Please, Please, Please僕に幸せと言ってよ観てないTVは照明代わりコーヒーの消費だけが進む作業Saturdayなのに僕は部屋にこもりきりやけに朝早く目覚める水より薄いビール呑み過ぎで
Telephone君のトーン思ってたより明るかった時計が止まってた思ってたより悲しかった僕らは夜を纏い明かりを覆い隠した僕らは日を纏い闇夜を覆い隠した 過去は安らぐ時が来ないと知っていた君は気付いたかい置き去りにした時間にあの頃は君もよく想いを綴っていたのにでも今は感情を通り越して行くんだね 眩い方へ記憶を寄せる眩い方へ
The blazing heat is rolling in My mind gets strangled in a way that I can’t
I hear the voice over the cracked wall making grimaces in tender tone with the deal not
Somebody, get me out of here Somebody, take me away We are still clinging to the
Left in the morning While you were asleep I don’t know why but I know I
When the cherry blossoms bloom, though the city is still freezing And yet, we wander along
Waking up in the middle of the night From a dream I don’t remember If you
同じ電車になった約束なんて無かった君もきっとそうだろ理由なんて忘れた いつしか共になって同じ月を見てるって声を荒げた時も笑い合った時間も約束なんて無かった答えなんて知らない すべてが嘘でも変わらない月日誤解が解けない呆気ない終わり僕らが望まなくても答えは変わらないあなたが望まなくても僕らはやめない