春風 – Cloque.

ああ 春の風に乗ってどこまでも
桜舞うこの季節に僕らは歩き出す

新しい日々の始まりを
不安に先を越されてしまったな
明日が少し嫌になって
目を閉じたベッドの中

遠い街に住むあなたの声を
時々聞きたくなるんだ
「嫌になったら帰っておいでよ」
そんな言葉に甘えたくなるけど

ああ 夏の風に乗ってどこまでも
あの雲を掴むように僕らは手を伸ばした

遠い街にいるあなたの事を
時々浮かべているんだ
“もう少しだけ頑張ってみるよ”
長い夜を越えて咲く花のように

ああ 秋の風に乗ってどこまでも
遠い街 窓の外に 同じ月を見てる

ああ
雪溶けるこの季節に 優しい風が吹く