勇気をくれる「言葉のチカラ」魔法をかける不思議なチカラ君も一つは心の中に刻まれてるよね?「大好き」だとか「がんばって」とか「信じてる」なんて言葉の意味はきっとみんなのハートの距離で違うけれど人に魔法をかけてもらうことじゃなく人に魔法をかけてあげることがきっと君にもできると思うんだトントントンって肩を叩くよに君の思いがハートに染みる「言葉のチカラ」君の口から大切なあの人がもっと輝きますようにずっとそ
すれ違う視線と気持ち電車に揺られあなたに揺られ毎朝あたしは目覚めるのギターやピアノに乗せて「大好き!!」なんて叫んでみたら瞬間 あなたの胸に届いて以心伝心振り向いてくれるかなキュンキュン ガタンガタンガ タンタンああ切ない片思いキュンキュン ガタンガタンガ タンタン=乙女の病気=と片付けないでキュンキュン ガタンガタンガ タンタンuhh ahhh uhhhhhhhそんじょそこらの恋話より揺れる気持
だから僕は歌うんだ自分のSPEEDで感じたままにだから僕は歌うんだ自分のSPEEDで感じたままにすれ違う人達は皆何か悩んでるのかな僕の悩みなんて些細なものなのかな価値観 虚無感 劣等感千差万別の存在感価値観 虚無感 劣等感千差万別の存在感諦めた キラメイタ感情嫌いになった その感情毎日 BAD DAYS 苦しいよでもそんなの関係ないんじゃない?だから僕は歌うんだ自分のSPEEDで感じたままにだから
甘い時間過ぎてく 昨日の雨嘘のようタバコのにおいにかき消されてくせつない想い本気の体当たりに 戸惑いながら照れてた好きだと告白した訳じゃないのに隣にいた幼い頃指切りしたあの約束振り返るよイメージしてたのはあなたとの未来ですパセリが嫌いなあなたも全部好きだからありのままのあたしさらけだせるよねあなたにならずっとこのままその眼差しでその声で包んでいて甘いミルクティーの眠りを誘う感覚静かに寄り添って囁き
夕空 帰り道 風に打つ君への鼓動 stringsの音が響く泣いてた後ろ姿が愛おしくなる 自然に君を好きだと思った止めどなく流れる時は一瞬の儚い星のカケラ遠く遠く目指すあたしの見える確かな場所探すよ愛はまだ辿りつかないよ悲しみの果てにあたしを支えてくれる何かがきっとあるはずだから信じて歩いて行こう水たまりだって笑って越えられる BORDER突き抜ける空の青さ隣でうたた寝してる君が何だか遠く感じた友達
すっぱい蜜柑をいっぱい食べたのあなたのいないこの場所であたしは幾度夜を越えたの.....ドキドキするよなこの気持ちくれたでしょ.....自虐的な行動を繰り返してバブルのように空に飛んで行くよOh...泣き虫はおしまいいつもキレイでいたいから傷つくこと恐れていたって強くなれないよ目が赤いでも負けない夏蜜柑食べようちっちゃい悩みを残らず捨てた外はもうすでに真っ暗であたしのココロは晴れ模様どうしてこんな
ビルの隙間から吹き込む風は僕の思いなんか気にもせずにちっぽけなカラダの芯まで染み渡る「何やっても3日坊主だね」なんて言われても笑ってバカなジョーダンではぐらかすこともういいからやめようその日暮らしの暮らしだって続かない僕の暮らし 恋人作ったって未来さえ語り合えない情けない 情けない 自分の生き方に終止符打てる日なんて来るのかい負けない 負けない 自分に負けない負けない 負けない 自分に負けない幼か