MOTHER – climbgrow

街が酷く冷える頃 交差点の角にある
信号機に 花が置いてあった
街が酷く冷える頃 何も知らない少女達は
笑いながら 話をする

記憶遠く 儚い道の途中で
輝く星に願いを込めた
祈れば誓えば君を突き抜けて
遥か彼方まで飛ばしていく

酷く照りつける頃 色のつかないアサガオに
キテレツな色 なぞっていく
酷く照りつける頃 帰り方も忘れたんだ
ごめんなさい 迎えに行こう

記憶遠く 儚い道の途中で
輝く星も見えなくなった
何度も何度も君をすり抜けて
遥か彼方まで消えていく

影が街を這う頃 お前の事も忘れたんだ
狂っていく 混ざっていく
息が白くなる頃 かじかんだ手を伸ばしたんだ
掴めないまま 薄れていく

手探りの毎日 意味の無い落書き
季節も忘れたの 戯けたフリをして

見えない涙を 俺は見たんだ
輝く星に重なっていたんだ
祈れば誓えば 君をすり抜けて
遥か彼方まで飛ばしていく