夏の匂い – CLIMBER

134を西に向かい
通り過ぎる景色はしゃいだ2人
絶えない笑みとかんかん照りの日差しを浴び
目的地まで向かう足もなんだか軽く
太陽がまたオレらを誘う
波音が揺れる背中を押す
君の手を取り向かう
今日はなんだか行けそう
そんな気がするfree my soul
手にとり二人写すi-phone
今日は帰らないよmy home
それが君との始まり
愛し合った確かに
となりにいたはずなのに
今はどこか彼方に

夏の匂いに誘われるように
思い出すのはあのLove Story
あの時はもう
戻ってこないってわかっているのに
夏の匂いに誘われるように
思い出すのはあのLove Story
あの時はもう
戻ってこないってわかっているのに

思い出す鈴虫が鳴く夏を
今年はいつになく暑そう
高ぶらせる気持ちを
うざったい日常から逃避行
時が許すならそうしよう
きっと楽しみは予想以上
空も紅く染まる頃
あの場所へ出かけよう

窓全開で車走らせ
潮風浴びながら君の街まで
この時間が続けばいいなって
思って寄り道君といたいだけ
願わくばOnce again
なんてことはねぇわけじゃねーけど
ふとした瞬間に甦る記憶
切なくなるのは何故?

夏の匂いに誘われるように
思い出すのはあのLove Story
あの時はもう
戻ってこないってわかっているのに
夏の匂いに誘われるように
思い出すのはあのLove Story
あの時はもう
戻ってこないってわかっているのに

待ち合わせ場所の裏路地も
砂浜に描いたあの文字も
出会った日見上げた星空も
繋げりゃ映画になりそう
もしかしたら思い出が美化されてるのかもなんて
残ったmemory like a fantasy 夢のよに

君と出会えたまさにguidance
会いにいく事を選んだ毎晩
気付いた時には愛が芽生えた
未来も思い描いた
けど短い時間だった
夕暮れ時にとんぼが舞った
秋の始まりが終わりを告げた
花火のように儚く散った

夏の匂いに誘われるように
思い出すのはあのLove Story
あの時はもう
戻ってこないってわかっているのに
夏の匂いに誘われるように
思い出すのはあのLove Story
あの時はもう
戻ってこないってわかっているのに