真夜中の路地は 冷たい風が吹いた君も僕も 風邪を引きそうさ 真夜中の路地は 冷たい風が吹いた誰も彼もが 肩をすぼめる季節さ 好きな歌 口ずさめば少しは あたたかくなるかな 自動販売機のネオン灯る この通り缶コーヒーって いろんな模様があるよね 好きな色 言い合ってさいつか その色の帽子プレゼントするよ 次の曲がり角で僕ら 別のほうへまた会えたらいいな 白い息の季節に 好きな歌 口ずさめば近くに 君がいるようさ
明日を信じてやまない若気の至りもたまにゃいいだろだけども 誰にも言えない孤独を抱えて 君は何処へ行く コチニールレッドの香り君は覚えているか忘れ去られてしまうほうがよっぽど寂しい それでも 僕らは何度でも火に入る夏の虫のように全てを抱えきれずになって崩れ落ちる時 夢に見てるのさ 夏の夜に咲く花を胸に掲げているのかねぇ 君が僕に言ったことなんてどうでもよくはないさ コチニールレッドの香り君は覚えているか忘れ
日々の中にかがやくものが見つけ出せるように僕が君に思うことはそれくらいだよほんとのところは 気が付けば いつでもそばにあるものってなんだろな君が思ってるような人ではない僕なのさ 日々の中にかがやくものが見つけ出せるようにふいに浮かぶアイデアで誰かがクスッと笑えるのならいいよな 恋は流木のようなスピードで形を変えて いつの日か愛になるかもな今まで出会った全ての人に送る言葉など とくにないけど 日々の中に 日々
君のレコードの話を聞かせてよ楽しみにしていたよ晴れた土曜日 フリーマーケット 凍りついた窓辺に夜通し飛ばした車街の光 綺麗で ラジオからメロディ流れてたメロディ 追い越したり追い抜かされたりの日々じゃねぇ 僕ら 何故ここにいるのかさえもわからなくなっちゃうね立ち止まってみて 駅の改札口は桜 今年も咲くよあの娘は何処へ行ってしまったしかめっ面して 君のレコードの話を聞かせてよ楽しみにしていたよ晴れた土曜日 
昨日 君を久しぶりに街で見かけたのさそれは とある夏の残り香突き抜けるような青の下 最近どうだ と一言口でも聞けたらな いつも とぼけたフリの僕らは夏の夜 誰もいない公園手をつなぎ歩いた ツキノワの下でねぇ 君が言いかけたこと何だったのかもう今じゃ 確かめようないねあの頃の僕らは 風の中で笑う 愛の意味 愛の意味なんて知らないさ若気の至りのような恋久しぶりに見かけた君はどこか大人びて見えた はじけたラムネ
シーサイドバウンド聴きながら 俯いた その横顔花火にも 金魚すくいにも連れてってあげられなかったそうだ 今年最後の海に行こう次の朝まで馬鹿騒ぎきっと僕らは巡り合うために生まれてきた シーサイドバウンド何処にも流れないくたびれた砂浜で遠い夏の面影を求めて さまよう 僕たち 二度と来ない夏休み誰もいない黒い海きっと僕らは振り返るために年を取った 花火をしながら歌う 波の音誰もいない黒い海セミの声が響き渡るきっ
ロックンロールバンドまた当でもなきイメージの共有 このストロークまだ重ならない 気持ちまでは イメージより遠く昨日よりも美しい そんな煩悩の話 ロックンロールはただ冷めやまない昨日への未練 この欲望が青大将みたいにとぐろまくよ イメージより遠く昨日よりも美しい そんな煩悩と甘い欲望のメロディ
昨日、君の夢を見たよそれは眩しいくらいの朝の光に包まれた食卓温かいスープを君は作ってくれた空いたグラスに満ち足りた時間 いつでも戻っておいで 君はそう言ってくれるけれどとても優しい人だから 僕は戻れそうにないんだよ君を傷つけるだけだから 昨日、君の夢を見たよそれは春の雨が滴る窓辺に腰かけたテーブル大きな画用紙に君と描いた地図は強い風受けて舞い上がって消えた つないだ手と手の中で もう少しだけ夢を見させて
今はちょっと古くさいかもしれないけど伝えたい歌よく遊んだビー玉のおもちゃは今どこへ消えてしまったろう? もうすぐだね君の家まで あの坂登った突き当たり南風にうなされ続けてる僕さ 悪い夢見た次の朝が何故だか誇らしいのは今もどこかで君が僕を呼んでる気がしたからさ 気が付けばもう雨の気配も 何処か消え去ろうとしてるのにたまに僕は君のこと考えたりするよ もうすぐだね君の家まで あの坂登った突き当たり南風にうなされ
呼吸を続けているよ 何度でも君に会うのさ 呼吸を続けているよ地球は回り続けるよ 何度でも夢を見るのさ 地球は回り続けるよ 部屋には小さなサボテンがいるよ 何か楽しいことないかな 呼吸を続けているよ 何度でも君に会うのさ 呼吸を続けているよ 部屋の外は春がやってきたよ 早く僕を連れ出してよ 呼吸を続けているよ 何度でも君に会うのさ呼吸を続けているよ 何度でも夢を見るのさ
チョコレートケーキ食べ終えた僕らは歩き出す始めようぜ もうすでに陽は高く 昇ってる 朝顔のおしべめしべ 花屋に買いに行く朝顔の花のように 優しい人がいいな スライダー あとちょっと早ければ あの電車間に合った 小さい女の子 スカートでハシゴを登るあれ何かこんな風な景色 いつか夢で見た つないだ手が温かい
地下鉄に揺られ この街に辿り着いたもうずいぶん長いこと僕は何をしていたのかわからないや 空を眺めていた 一人立ち尽くしていた君が歌ったあの歌も 僕は思い出せないや 交差点で未来地図を落っことした女の子そんな顔しないで 言えたらいいな 雲が滲んでいた 月が浮かんで見えた果物売りのおじさんが 僕を訝しげに見てる 地下鉄に揺られ この街に辿り着いたもうずいぶん長いこと僕は何をしていたのかわからないや 何かが変わり
だんだんと心に描いた最小規模のキャンバスに生命を吹き込んでいる 赤青黄緑パレットに淡々と向き合っている 気持ちはいつもじれったくて生命線なぞってみる 少し休んでみる とても熱い夏だったら恋に溺れてもいいかしら夢中で追いかけて転ぶフェルメールの肖像夏休みまでに君に見せること出来たらな長い夏 僕を忘れずにいてほしいからさ完成まだ遠く 観覧車 煙に巻かれ目を伏せている午前九時の閑散を装っている赤青黄送る信号
君とふたりだけ 風にまかせて 夏の朝 寝ぐせ残して 見上げていたわがまま太陽金色の絵の具みたいで 僕は欠伸してた 君とふたりだけ 風にまかせて 本当の友達のような ビル街の恋人のような遊園地の歩道に並ぶ 花瓶と花になろう 君とふたりだけ 風にまかせて
夕暮れのサバイバーは街角に溢れている誰一人感情を表に出す者はいない いつか観た映画みたくこの街は時計じかけ 近未来的世界システマティック ハローフューチャー 抱え込んでいるものは何?空回ること何もない遅すぎることなんてない天真爛漫なあなたを見ていたいのよ 僕らが望むものがあるなら灰になるくらいかな灰になって ハローフューチャー僕らにできることはあるかなマザーテレサ教えて種の蒔き方 ハローフューチャー 深い
僕は卑怯者ですか それとも正直者か誰か教えてください 笑ってばかりいる僕は敵は作らないけれど 味方も作れないかも いつかこんな僕の悩みが思い出に変わる前に 教えてください 僕には笑うことしかできないの教えてください スマイル僕はいつも素直でありたい 僕は卑怯者だとか いいえ 正直者だとか何が正しいのだとか 何が間違っているだとかいつも優しくいたいのに 空回ることばかりだ いつかこんな僕の悩みが思い出に変わ
あなたと僕の間には 麦わら色の優しさを紡いで編んだバスケットケース木漏れ日そっと降り注ぐ でこぼこ道は続くから握りしめた手 離さないように 会いたい人 いつの時も 春の庭に座る あなたを覚えてる去年よりも背丈が伸びたと僕を撫でてくれたよね 一人の夜に思い出す 遠い春の日に見た幻僕は何ひとつ変わらずにいるよ大げさに笑う所だって 歩く速さや 夢見がちも全部あなたが僕にくれたものなんだ 会いたい人 いつの時も 春