セピア色の微笑 — class

あの時君は 何て言っただろう
二人過ごした 最後の夜に
嘘のかけらも無く輝いてた
瞳の色も 思い出せない

「幸せだった」何も聞かずに
そう耳元で囁いたよね

セピア色の微笑だけ
僕の胸に残したまま
季節は二度と戻らないけれど
生きてること確かめるように
愛し合えた夜を越えて
サヨナラを言えた時に君は
永遠になった…

海沿いの ハイウェイ 黄昏れる空
街の灯りが 溶け始めてる
風の香りに 浮かんだメロディー
君が好きだった “I can’t stop love in you”

出会った時に予感していた
別れる事 知っていたのか

セピア色の微笑だけ
僕の胸で裏返して
想い出のトゲは消えさったけれど
大切なこと忘れないさ
傷つくだけ傷ついても
二人を優しく見つめて
過ぎていった日々を…

君は誰に抱かれるのだろう
僕の知らない夜の中で

セピア色の微笑だけ
僕の胸に残したまま
季節は二度と戻らないけれど
生きてること確かめるように
愛し合えた夜を越えて
サヨナラを言えた時に君は
永遠になった…