空色スキップ – Ci+LUS

晴れた日曜日を
ゴミ箱に捨てるような
野望もなくとりとめもない
大人になってた僕さ

それじゃつまらないと
君がすぐ笑うから
眠たい目を擦ったままで
春の街に出掛けよう

でっかいアクビからの
ヨーイドンの音

うれうれしくて ただ楽しくて
二人で笑って走りだしたら
いつかの名前 恥ずかしい恋
思い出したんだ

幸せとかって案外そばで
気づかず拾って光るんだろな
ずっと探してた永遠が
道端にあるように

ほら君の背中の
水色のリュック
お気に入りで

ほら春色のリップ
空色スキップ
飛べそうかな

行き先別からを
選んでたあの頃は
何にもない自分のために
答えを欲しがってたのさ

だけどさっきから手を
君がぎゅっと握るから
柄でもなく偽りもない
本当のこと伝えよう

流れ星までの
大冒険にしよう

うれうれしくて ただおかしくて
それキザだよって笑いだすから
100年後だって小さな右手
握っていたいな

放さないぞって約束なんて
何回したってし足りないから
そっと永遠を誓うのさ
道端の石に

心の底からの大切な気持ちを
二人で混ぜて半分こしよう
それが愛だよ

うれうれしくて ただ楽しくて
二人で笑って歩きだしたら
向かい風だって おかしな髪で
笑い合えるから

幸せとかって案外そばで
気づかず拾って光るんだろな
ずっと探してた永遠が
今ここにあるように

ほら君の背中の
水色のリュック
お気に入りで

ほら春色のリップ
空色スキップ
飛べそうだな