LYNDA – Cikah

別に私に興味がないのなら
君のこと大事にできないでしょう
ただちょっと可愛いから
キスをしたそれだけなのに
明日になれば知らないふりをして
眩しい太陽を避けて歩いてく
夜の魔法は溶けて消えたのに
引きずって泣いたりね馬鹿みたい

傷つくとか悩むとか
似合わないからもう必要ない
って頭の中ぐるぐる君の顔
浮かんでくるから悔しい
会いたい方が負けだとか

照れながらキスする
その唇が
不思議と解けなくて困るんだ
ひとりの夜に思い出す
優しくしないで
君に会いたい
なんて言わないから
次の約束まで
少しだけ寂しくなったりして
わたしのことちょっと
思って泣いてよ
i just want you baby
もっと近くで

ほんの少しの遊びのつもりなら
いつでも手放してあげるから
不安定な夜吸い込まれてく
騒がしい街
重なり合った指絡めたまま
どうしようもなく愛しくなる
偽った役柄でも今夜だけ溺れたい

抱き合っても口付けても
君の心がなんにも読めないの
ずるいよって目を細めたり
優しく頭を撫でたりしないで
胸の中までは

見せないつもりでもその唇が
少しずつ心を溶かしてく
ふたりの朝にながれることのないmusic
忘れらんない
嘘つきのダンスは
余裕のあるフリ
本当なんて誰にも言えないから
物足りない夜考えたりしてよ
ねえ
i just want you baby
わからなくても

どうしようもない
交わらない
はずなのになんで
ふたり引き寄せあったの
戻るなら今なのに
先のない明日ばかりを
夢見ている

照れながらキスする
その唇が
不思議と解けなくて困るんだ
ひとりの夜に思い出す
優しくしないで
君に会いたい
なんて言わないから
次の約束まで
少しだけ寂しくなったりして
わたしのことちょっと
思って泣いてよ
i just want you baby
もっと近くで