ふわり吹いた風はまだ少し冷たくて君の手の温もりを ふと思い出した三度目の春が来ても 一人に慣れた今でもずっと忘れない 改札の向こう側 ベンチに座っていつも先に君が待ってくれてたんだ僕を見つけ嬉しそうに 「早くしないと遅れるよ」って笑ってた 線路沿いの桜が咲いてるスーツ姿は似合うかな 扉が開いて僕は今新しい世界へゆくよガタンと揺れたなら出発さ隣には その笑顔は 無くても 当たり前なんてもの何処にもないのにい
「健やかなるときも病めるときも愛することを誓いますか?」そんな風に聞かれたら この先何があるかなんて分からないし自信が無い訳じゃないけどなんて答えたらいいんだろう 考え過ぎてしまう悪いクセなんだよなぁそんな僕を見てきみが笑った釣られて笑った幸せはこんなとこにあった 最後の恋をしよう決して消えない想いきみのためならさどんな今日も頑張れるって本気で思った出会った瞬間、恋に落ちた二人そんなんじゃないけれどI&
冒険に出たあの2009「I believe」自分を信じて走り出したけど急な坂上がって飛んで転ぶ日もあった さよならと巡り合いを重ねて今ここにあなたと僕がいる wo wo wo支えてるつもりが支えられてwo wo wo励ますつもりが励まされてwo wo wo勇気付けるつもりが勇気付けられてwo wo wo背中押すつもりが背中押されてここまで来れたんだ これからも一緒に歌ってくれ一人一人違う声で 生きる意味って何だろう?たった
にわか雨が上がったら出会ったあの日の匂いがしたんだ スマホの中のフォトグラフ君は笑顔で変わらないまま 掴みたい 掴めない思い出は手触りだけ残した ずっと巡る巡るhappy love song夢の終わり告げるring a ding dong「またね」って手を振ったんだぎゅっとありがとうで満ちてるlife今日もまた歌うから君がどこにいても届けよう 何かあると黙って僕のそばにいてくれた全て受け止めるように 怒ったり わがま
「ごめんね」なんて言葉君はいらないだろうなあの日昔の彼女に会ってしまった誤解を招いた僕は馬鹿だ 手離しちゃ駄目なものはいつでも当たり前のように輝いてた ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド誰と過ごしても想い出に勝てやしないきっと遅いよね だけどずっと笑わせたかった君の代わりに残ったのは君が好きだという想いだけ 夏の終わりを告げる花火が燃えるこの街は今夜お祭り騒ぎですれ違う恋人たちは幸せそう よく通ったあの店を
昨日も、今日もきっと明日も同じだろうなずっと上の空仕事も手につかない 一挙手一投足で天国に行ったり奈落に落ちたりしてるそんな僕がいるんだ Without your love, I lose control君の君による君のための僕でいようなんて言ったら笑うだろ?だからいつも通りお気に召すまま君の跡で僕は満たされる どっちがホンモノ?君といるとき いないときの僕空っぽのグラスとまだ少し残る甘い香り 薄暗い部屋の中鮮明な
季節外れの通り雨にどうしようもなく空を見ていた神様に文句の1つでも言いたい気分 「一緒に帰ろう」 傘を差し出した君あれ?なんだ?これは夢か? Pleasure pleasure君がいる、それだけでどんな毎日も愛せるような気持ちになる太陽みたいな優しさにどうしようもないくらいに想いが溢れだす いつもなら煩わしいと感じていた駅までの道がこんなに短く感じるのは何故だろう 揺れた肩が歩くたび触れる隣にいる、それだけ
線路沿いに伸びる家並み あの日と変わらないこの景色 東京に行ったという友人(ツレ)はそれなりに忙しそうだよ 梅雨明けの夏空みたら 蘇ってきたかも?怖いもん知らずの頃の あの気分 僕たちはただ風にふわり揺れまるで雲のように大空を漂ってなんとかなる そう自分に言い聞かせて夢の行く先を探ってた 高2で別れた彼女も 冬になる前に結婚するらしい 周りの慌しい状況 そういう年齢(とし)になったんだな嘆くな 我ら マイペ
さぁ目を覚まそうか? アラーム5:00AM 薄暗い朝だ遠い雲の向こう そのまだ向こう 大気圏の向こうに息をひそめたままそいつは待っている夢という名の怪物(ケダモノ) Ready for the ODYSSEY. It’s “NEVER ENDING STORY”見渡した世界に希望がなくても勇敢なる一歩 踏み出す時だ 立ち向かえ「臆するなよ 剣を持て」さぁ飛んでみようか? コチラ準備OKベランダから見え
(キミ+ボク)÷あらゆる事情=理屈じゃ解けないラブストーリータフな思考回路をわずかに狂わせている 君という存在が問題ですIs This LOVE?スリル満点の熱いDEAD OR ALIVE UH 独りじゃ癒えそうにない 痛み抱えUH そこに何があるんだろう まだ見ぬ世界 青空の果て 探し続ける 2人の形XYZ (キミ+ボク+ユメ)時間を×ほど 想いは強くなっていく「いつだってそばにいたい」と願うけれど こんな僕じゃ
君と出会って 過ごしたこの町を 歩いてみた次から次に 甦ってくるよ その面影この坂道を上がれば 大好きだった景色が見える さよならベイベー また笑っておくれよ数えきれない 大切な思い出ばかりがいまも心彩り輝くI believe 「またいつか」とその言葉 今も色褪せぬままあぁ 春を待つ 時は巡っていろんな出会いがあったけれど比べてしまうんだよ だめだよね こんなんじゃ さよならベイベー 隣にいておくれよそれだけ
夕暮れ空に滲む太陽 夜に溶け込んでく今 僕のそばにある笑顔は 失いたくないんだよ 夢のつづきを 見させてくれたあたたかい海に抱かれて信じ続けた僕の未来波のまにまに漂う 自分に嘘をつくのも慣れた 立ち位置だって分かってる争いを避けていられるほど 社会(ここ)は甘くない憧れてたヒーローもいない 少し低くて耳慣れた声何度も何度も僕の中響き続ける ほらね今もエールを送っている 夢のつづきを 見させてくれたあたたか
今月あと 10日で 僕らの記念日(アニバーサリー)カレンダーにしるした ハッピースマイルの絵(マーク)気合入れて予約したんだ 話題のあのレストランをそんなよくある平凡なストーリーでいいんだ 何回も何十回も何百回も何千回も伝えたくなるほど溢れ出してくる「愛のうた」どんなに困難でも何べんでも転んでも 支えあいましょう Babyハレルヤ いつまでも ふたりで居られますように 駅前の交差点 角のスタバを抜けて2
この淫靡な妄想は周囲(まわり)に知られたら かなりヤバイ昼間っから人前で堂々としてたんだよ 友人ぶってはみるが 脳内じゃ恋人だ醜悪だってわかってはいても増えてゆく頭(こ)の中(こ)だけの秘密(はなし) Why do I do 喉の奥飲み込んで閉じ込めてる想いグラグラと僕の中でまた暴れ出すのか?愛の迷宮 深入りしてしまいそうな君の瞳(め)行き場のないコレを受け止めてくれるか? Alone alone alone alon
ああ 空は何故青いんだろう?ぼんやりと考えた ああ ちょっと疲れているのかなまた同じ夢をみた 標識のない道が 目の前に続くLet me go Let me know ああ 人間(ひと)は なんて弱いんだろう僕もまた そうなんだ あきれるくらい 澄んだ青が目に飛び込んだこの空の色は最初から決まってたんだろう? ああ 僕は歌い続けるだろうまた同じ夢をみて Life goes on…
一体何があるんだろう? あの扉のむこう見慣れたこの場所からの風景(けしき)を 胸に焼き付けるよ 飛び出そう 踏み出そうここじゃないところへ本当はずっと一緒にいたいけれど旅立ちの時間(とき)はもう間もなく… I can’t say GOOD-BYE‥バイバイ。いつかどこかでGOOD-BYE‥バイバイ。また会える日まで晴れなのに雨降る妙な天気 傘がなくてよかったよアメアメフレフレ smile 
大抵のことならば 動揺しないと強がる奴ほど意外に脆く壊れやすい 取扱い注意だそうだ それって自分のことか? 相当己知らず 君の中の僕はどれくらいの大きさなの? 信じるものは救われる?知らぬが仏って言葉も… 愛 哀 隣り合わせ 想いは胸の中をかき乱す今夜(きょう)ひとりじゃいられないFriday midnight 夜が明けるまで抱きしめ合っていよう stay with me本能を月明かりに曝して 理由(わけ)ありな
あまりにも急に知らされたニュース背筋も凍るような BAD・SAD・BIG SURPRISE「早過ぎだろう!?」って人々は言う 時代(とき)が終わりを告げる キミはいま月の上を歩いている しがらみひとつも無いステージはどう?その姿はもう見えないけど 目を閉じればそこにキミがいる 風のように 駆け抜けた 憧れの SUPER STAR敗色濃厚 この時代なんて Oh No No絶対にいないその替わり 悲しみの MOON WA
最近借りてきた映画の さえないオチによく似た平凡な毎日「明日は来るから、前を向け」と煽る この街の持つ体温は 生まれた町より高く多少参ってしまうけれども 誰かの真似じゃないから 人生という旅(ヤツ)はもどかしいあっちへこっちへ行ったり来たりで ルーララー 振り出しに戻ってたりして君に書いた手紙には「うまくいってる」なんて書くけど繰り返す日々抜け出せないんだ I go around, around, aroun
雪にはしゃぐ子供みたいに 君は寒さも忘れて歩いた白く吐く息 冷えた指先包んで 「愛してる」なんて言える 柄じゃない僕だけどどれくらいそばにいれる? Hard to say I love you どこから見ても不似合いなふたり 誰もが言う「うまくいかない」と耳を塞いで聞こえないフリしたんだ 覚えてる?いつか話した無茶な絵空事も少しずつ輪郭が見え 色づいてきた 柔らかなマフラーのよう君の笑顔はあたたかい 「愛してる?」な
月曜日週の始まりだ火曜日特に変わりは無い水曜日帰りに立ち寄ったショッピングモールで靴を新調 他愛もなく過ぎていく日々是無常 This is my life 形無き未来とか希望にすがっている上ばかり見て煮詰まって 気分は曇り空ネットやメディアから浴びせられる理想論だって何もしないで叶うほどやわじゃないmy life 木曜日ちょっと寝過ごした金曜日オールで飲み明かして土曜日二日酔い。あっという間 もう日曜日 真っ白
駆け抜ける青い風 運ぶフレーズは 白い厚い雲の上へ放物線を描きながら 君のもとへとつながる Oh yeah 手を伸ばしても届かない世界 とんだ甘い夢を見ていた僕らは染み付いた逃避癖でまた 目隠ししながら愛し合ったんだ 懐かしい歌声 君の横顔 僕の中で燻ぶる愛をどう手懐ければいいのか? 駆け抜ける青い風 運ぶフレーズは 白い厚い雲の上へ放物線を描きながら 君のもとへとつながる Oh yeah笑ってみんだよ Y
今日という日を見送るようにため息をついてみるこの都会(まち)の空は汚れていて 星を見ることも忘れてた 思い出してみる故郷(ふるさと) 蘇る懐かしい感情 Ah Twinkle Little Stars in the sky 夢を見てたAh あの頃のように 無邪気に笑いあえたなら僕なりのストーリーをもう一回書き直してみよう此処からでいいだろう 君と同じ星の下で 心痛むことばかりじゃないよ 誰もがずっと祈る‥ Ah Twink
シンと静まるまだ誰もいない朝少し冷たい風 似合うだろうか新しいシャツも 新しい心も 張り付いた不安は自分自身のこの手で剥がすしかない fly so high! 何千何万回羽ばたけば届くのかな 夢のありか何秒何分何時間何年で追い越せるかな 今の自分を like a free bird 真似しないで飛び方なんて自分次第like a free bird 向かい風によろめいても前を見据えて 二年付き合った昔の恋人にこの前偶然出会った
やっぱり君は君のままだね久しぶりのそのsmile この街の人 景色 匂いが僕を僕にしてくれる 少し下を向いていた 心が今またほら青い空に向かってゆく 何回も何回もimageしよう素敵な未来を失敗も後悔も 親友さ人生で一回の出逢いからそう全てが始まる今日も明日も僕らを繋ぐものそれで強くなれる たとえば君がつらいときに僕は何が出来るだろう? 誰かを笑顔にすることなんてそんなに簡単なことじゃない 変わらない故郷 今
ビルとビルの隙間から差し込む夕陽に身を隠すように二人 足早に歩く 初めて手を繋いだね 周りから見れば僕らは何処にでもいる恋人同士かな 今日はもうさよなら君の帰る場所は僕じゃない分かってるけれど… 好きだけじゃどうしようもない出逢ってしまったから仕方ない今は君の抱きしめ方がまだ分からないよその命綱外して僕の方へ飛び込みななんて言えたならもうひとつの物語始まるのかな なまぬるい風が運んだ運命に似た恋空も雲も見
少し冷めたフライドポテトをかじりながら「出来立てってどんなだった?」って考えた 君が「何も分かってない」って出てってから平気なフリしてアレコレ悔やんでいる キスよりも大事なものを見落としてずっと上手くやれてるような気でいたよ 愛のレストラン シェフは君いつも当たり前に振る舞ってくれていた柔らかな笑顔をもっとちゃんと噛みしめりゃ良かった たまに酸っぱかったり塩っぱかったり甘すぎたり思ってたような味じゃなくて
いつか二人で話した夢なんてとっくに忘れてしまってた 「何がいけないのかさえも分からないの?」何処を探しても見つからない言葉を All I need is you今さら好きだって言ったって遅いよね左側にはまだ君がいるような気がして なんて顔してんだ 鏡の中のお前は消せないでいる写真とはまるで別人だ 暗証番号0625 変えなくちゃな All I need is you今さら好きだって言ったって遅いよね左側にはまだ君がいるような
そして僕は途方にくれた後まだ行けそうな気がして起き上がる 夢までの最短距離 示した地図なんてないぐっとペダルを漕いで夜明けを追い抜く いつだって笑顔の行く先は誰かの笑顔になる僕らの夢は Made in SmileEverything will be Alright!忘れないよ 今のキモチを そして君は恋に敗れた後傷んだ心のまま 立ち尽くす 想い出を消してくれる 都合のいい薬なんてないギュと握りしめて「今」
Shooting Star0.3秒後に消えてなくなってもShooting Starイマを踊る僕ら 心光らせよう 「ちゃんと見えるかな」夏の星座を数えながらふらふら 夜の匂いの中を歩いてく いつかはきっとサヨナラだからこそ今を愛し合おう俯いた心の腕はいつも君が掴んでくれる Shooting Star目を閉じればそっと見えてくるモノShooting Starどんな闇の中でも迷わないヒカリ ずっと雨宿りしてた雨すら降っ