培養された無力感に どう立ち向かえばいい?食べることも全ての会話も エネルギーが必要で泥のように眠ってるのに 目の下のクマが消えない昨日楽しかったことが 今日には白けて見える金目のものなら持って行ってよどうせ心はここには無いいつもいつも憂鬱だ 誰といても憂鬱だどうせ人は生きてたって 犯罪を繰り返すだけだからあたしは切り続ける世の中自体が「悪」なのだよ幸せの真似をするのは あなたも疲れてるくせにそれ
あたしが望みもしないのに 降り続ける雨もあたしが望みもしないのに 抱いてくれる風も空回りの優しさも 忘れるための時間も 今はいらない欲しいのはただ一つ探してる人はただ一人だけあたしは心からあなたと微笑いたいもう一度あなたと息をしてみたい誰にも真似できない無邪気な愛情をあなたに捧げる今どこにいるの?瞬きの間も惜しむほど 焼き付けた横顔あなたが望めば何だってできると思ってたどう言えば良かったのか どう
あなたの視界に私がいないだけでくじけそうな想いだったあなたの愛情は深く感じてたはずなのにあなたの世界に私はいないような気がしてたあなたの何をわかってあげられただろうあなたの何を救ってあげられただろうあなたの何を信じてあげられただろうもっともっと大切にできたはずなのに背中を見るたび不安を感じていた伝わらない 伝えれない入り込めない世界をもってたあなたそしてあなたはいつでも私の見えないものを見ていたか