Balloon – chelmico

風船がはじけた
音を横で聞いた
うずくまって包んだ
お守りみたいに
その手首を
もう一度かぎたいよ
なんでだろ 君が好きだから

いつの間にやら忘れちゃった普通
Lu lu lu 口ずさむ
In tiny バスタブ
体濡れたまま踊ったね
こんなに不器用だったっけ
欲しいもの、なんだって手に入れてきたじゃない
もういらない 愛だって、ぜんぶ。
悲しみの色が青だなんて嘘だ
なんにも無いんだよ ここには
すがるように まぶた越し また君を思い描くよ
覚えてていいよって 言ってくれよ ねぇ
この曲もいつか懐かしい引き出しに詰められる

風船がはじけた
音を横で聞いた
うずくまって包んだ
お守りみたいに
その手首を
もう一度かぎたいよ
なんでだろ 君が好きだから

だいたい集まるのは眠る時間
おとぎ話 もしかして in a dream
覚めたくないよ baby
曖昧にしとくべきなのさ、本当は
約束未満で進行してく
いろんなもの、いろんなこと
ぼやけたまま生活
僕はもう君のことを忘れるよ
昨日愛したエイリアンはもう飛んでった
会えないならもうなんもいらない
これ以上優しくしないでよ
僕の匂いにしてしまいたい
ほんとは今すぐ会いたいんだ

風船がはじけた
音を横で聞いた
うずくまって包んだ
お守りみたいに
その手首を
もう一度かぎたいよ
なんでだろ 君が好きだから