どうやら、私は – chelmico

つよいそうだ どうやら私は
週末には海へ行こうか

足だけ水に浸すGirls
ビーチに座る Meと目が合う
思い立ったが吉日
そういうとこだけ一丁前に
今私は 浜辺に座っているのだ
グーで握り パーでこぼれる砂
1人では 遊び方も忘れたよ
膝を抱くことも ままならぬ
「あなたにもいつかわかるわよ」って
母親のように自分に言い聞かす
誰が何を言ってるか 聴こえないな
頭の中 声はうるさいまま
ちょっとだけShut up
何を急ぐか お嬢さん
じたばたしてたらくたびれた だから
今私は浜辺に座っているのだ

つよいそうだ どうやら私は
週末には海へ行こうか

右から数えて二番目、青色の席
あと何回開くドアを見たら着けるかな
免許とっときゃよかったって
こういうときに思うの、何回目?
最近はちょっともう疲れること多かったなぁって
だましだましやってたけど
自分のためやりゃいいじゃんって
まあいいかって落とし込む
オレンジの海 遠くにいるヨット
17時ちょうど チャイムの音
赤のカラバコ あの日の記憶
夢じゃないよ
寄せては返す波
全てに優しさで返す i mean it
かわらないよここは
寝なきゃいけない夜が来る mayday
そうしたらまたくるのさ
くたびれた君も連れていこうかな

はぁ、ため息は波の音に消されても
あー まだ泣けない私がいる
つよいそうだ 誰かに言われた
ご確認のほどよろしくお願い致します
週末には海へ行こうか