君に逢いたいだけ – Chage

雨がなかなか止まない ビニール傘をくるりと回しても
見慣れた街並みは 滲んだ絵具のパレット

滑り落ちながらほら あの日のふたりのように
僕らは思ってた また描き直せばいいと

あるべきものがなくて なくてもいいものがある
吹き抜けたのは風 君に逢いたいだけ

狭い壁にもたれて 挨拶がわり肩をぶつけ合って
笑い声は店からはみ出し 終電の遮断器降りた

そこは放課後のような 下北沢の路地裏
懐かしい友よ この空を何処で見てる

あるべきものがなくて なくてもいいものがある
吹き抜けたのは風 君に逢いたいだけ

古びた弦を替えよう ついでに明日も変えよう
楽屋の鏡越しの僕 今日もまた 手の鳴る方へ

雨がなかなか止まない ビニール傘に消えない虹を描いた

あるべきものがなくて なくてもいいものがある
駆け出したのは僕 君に逢いたいだけ

LaLaLa ………‥

君に逢いたいだけ

君に逢いたいだけ