焦燥 – CHAGE and ASKA

つまずきながら 時が流れたそのあとで
冷たいくらい 君は優しいさよならを
言い残し街に消えた

ひとりよがりで 寂しがりやで 強がりで・・・・
どうかしてるのさ 僕は背中に手を振ると
青ざめて微笑む

死んでる心の行き場所が
どこにも見つからない
愛に焦るほど 悩むほど
暗闇に落ちてゆく

何が理由で どちらのせいで いつからで・・・・
もうやめにするよ 僕は静かにうつむくと
吐くようにささやく

つたない心の置き場所が
どこにも見つからない
愛に焦るほど 悩むほど
暗闇に落ちてゆく

愛に焦るほど 悔やむほど
暗闇で溺れる

コメントを残す