街は夜ごとの 狂想曲(ラプソディ)まぶたの鏡に映すやさしさなら 流行りのように登りつめれば いつもつかみそこねた想いで だけど心は繰り返すいいじゃない Oh-Ohいいじゃない Oh-Oh何度も Oh-Oh冷めることのない 熱い肌ロマンスは わがままで疲れやすいからやるせなさが爪を立てて 涙が痛い愛はもう すれ違い 知らん顔をして夜明け過ぎの 曲がり角都会の海は 幻想(ファンタジー)闇に呑まれてゆら
月灯りの海が みたくなった君の微笑みを 思いだす恋にゆれていた 遠い日々ぼくは淋しがりやなのかもしれないささやかなやすらぎを 守れずにいたけれどかぞえきれない想い出が あの街にはあるよせてはかえす 波になってみたかったたえることなく 君の心に遠まわりしてた ぼくひとり夢を追いかけて 傷ついて…君のぬくもりが 残る胸いつも心をささえてた 気がするよ涙ながしたぶんだけ 幸せになりたいね淋しくさせたぶん
ひざまで波にとける おまえ呼んでもふりむかないきらめく季節(とき)を過ぎた ふたり心はかたむくまま波が打ち寄せる砂に さよならがみえかくれ恋はもともと もともとア・ヤ・フ・ヤ出逢った頃より ほらほらぼんやりしてるふたりはそろそろ行きどまり やさしさも綱わたりところが 夏を抱いた おまえいつになく まぶしい灰色の街には なじまずにいたのに海に帰る 女は不思議さ生まれかわるよ ほらまた つかまりそうだ
その時俺は夢の中 道は空へゆれていた風は向きを変えながら 俺の顔色を見る風よおまえに抱かれて 空から見おろせば顔をゆがませ歯をくいしばる 俺が歩いてた渇いた口に 叫ぶことばは大地のざわめきに 消えるけどひたむきに 燃えながらいつしか俺は砂塵の中 ひとり荒野をめざしてた何処かで誰かが俺を呼ぶ― 静かな生活に戻れ!― と夢を斬る深い嵐 俺をつつんでも少しだけ身をふるわせ 睨みつけて歩こうか果てしなく続
窓にうつる白い雪が ゆらゆら落ちてゆくよおまえは僕にもたれかかり ミルクが沸くのをまってる心ゆくまで唇あわせて 夜の深さを感じてこのひと時よ止まれと願うのは 勝手な想いだろうか窓からこぼれる雪灯り二人をつつんでるようだねこんな夜ならば降りつもる雪のささやきを聞きながらおまえの好きな歌 僕が歌うから静かに 眠りの中へ…なにも知らないおまえだから やさしく愛したいね肩までのびたこの黒い髪 今宵は僕の腕
愛がないと言って泣いたそんな東京Doll人生なんてこんなもんといつもBaby FaceDown Town Barでふいに逢ったそんな東京Doll恋に散ってルージュひいたLonely Eyes誰のせいでもなくてこの都会(まち)のしくみなのさ足を組んだ時にツンと安っぽい香水が匂ってた東京Doll15才で全て知ったなんてそんな東京Doll結構聞いたふうでしょってなぜかCloudy SmileDown Town
お気に入りの 映画をまた君とふたりで 見たこれといって 何もない 一日少しだけ 僕のほうが涙もろくなった見慣れた 景色の中で繰り返される 日々わずかな 温もりさえ 伝えよう凛とした 窓の外星が雪になった
ゆるやかに あなたへ つながるやりきれぬ 想いも たおやかに孤独なら わたしも 寂しい雨の日に 揺れてる ブランコ愛のちからを見つけられる続いてほしい夜もある悲しみの飛礫はやがて野の花になる遠き空 あの真昼の月を ここで見ていた強くて 弱い人あなたが あなたで あるためにわたしが わたしで 今 あるためにあざやかに 七色の砂丘手のひらの 雫を 落とせば夢をゆく飛礫はやがて結ばれてゆく消え敢う あの
青い月の下の 白い森の中に迷い込んだ君と僕 罪に誘われてつないだ手は離さないで 霧が深いから黒い湖に 赤い舟浮かべて波にぷかり漂って 君を抱きしめるあまいあまい言葉には 棘が見えるけどずっとずっと愛してる 愛されてるきっと夢さ (Is it a good dream?)みんな夢さ (Is it a bad dream)夢は深く (Is it a
懐かしい歌をレコードで 聴いてみたくなった箱から取り出したとき あのカセットがあった歪んだ音の透き間に 笑い声の君がいる悪戯好きな君が録ったやつさ何も知らずに 喋っている僕をずっとずっと笑ってる近くを通るといつだって 見上げてしまう君もこんなふうに 想い出を見上げたかい短いテープの中で 遠くを誓ってる君の言う言葉通りに 僕がつづいているあのときの約束とは 違うところにいるけどいつかどこかで 君の幸
ドキドキしてない ハラハラしてないそんなふたりじゃ 味気ないじゃない相手が読めちゃう 心が見えちゃうこんな関係も困ったもんだわデートを重ねる度に 馴合いになってくるのね体が近づく程に 会話が少なくなるのねネタが尽きてる わかりすぎてるニュースにならない ニュースにならない恋ならパスするわ胸騒ぎしない ときめきもしないそんな気分じゃ 情けないじゃない安心できちゃう マモリについちゃうこんな恋人も切な
春は一夜の桜(はな)の宴 浮世の盃 花をつぎ秋は楓の舟をだし 河流(かりゅう)の旅人 歌に読む幾歳月が過ぎゆくとも 人はさみしい荒野原わたしは風 たったひと吹きでいにしえを 舞いあげてわたしは風 たったひと吹きで心に彩をそえる夏はまぶしい娘等を 百合の香りに包み込み冬は紅さす恋の女(ひと) 風花一輪 簪(かんざし)に想い焦がれて時が熟すとも 人は咲かせる花がないわたしは風 たったひと吹きでいにしえ
Merry Xmas 世界に Xmas未来からの贈り物を 抱きしめ合いたい子供が微笑むような胸の中に届けられた カードをあげよう雪の降る町 砂の吹く町みんなで幸せになりたいねMerry Xmas 世界に Xmas柔らかさを確かめてる 兵士の指先悲しい夢と 故郷の夢みんなで優しくなりたいねSo,happy and Its Xmas timeここからはじまればいい語りつづけられてる お話が
赤を打ちつけろ 真っ赤な時間に転がれ誘惑はいくつ 微笑みはひとつドアのこちらは夜です 胸が高鳴る su su su 素敵さすべてをあずけろ 真っ赤なライトに包まれ組み替える足は マニュアル通りでまるでミルクの味です 口説き文句の pa pa pa パレードドラマチックな街で エキゾチックな夢を並ぶネオンの隅で どんな嘘を見たいの悲しくないですね 切なくないですね月の灯りも届かぬ部屋で 星の数だけKiss
Subwayのドアに押されて まぶたを閉じるYシャツの胸が おまえは誰だと叫ぶまるで ずぶ濡れのSoldierみたいにグレイな街角でしゃがみ込む Oh EverydayHeadlightの中で おまえの背中が嘆く抱きしめて欲しい ふるえるハートで強く繰り返すだけの Love Story何も起こらない 何も変わらないさHave a Fight!愛は微笑むことじゃなく心 殴りつけはじまる ロマンシング
感じてた君のこと 力つきた二人だから返す言葉もなくて少しだけこのままで 横を歩いてくれないか別れてもきっと君のこと 変わらずに愛してるWhy あした また 逢える気がするいつもの夜だねWhy 僕の肩に もたれてみせる恋人のしぐさでいつの日かうつむいて 君がここにあらわれても僕は別の恋をしているいつまでも泣けるような 恋をしたとも言えなくて寂しいね ねぇ 抱いていいかな こんな夜にWhy ひとりでは
ドアボーイの横を抜け 鍵を鳴らしながら知らない誰かと 同じ箱に乗る26時の部屋に戻って コートのままで指先はねた真夜中のダイヤル つながらないベル落書きのような 荷物を眺めて靴を脱いだとき ひとりになった役者のようなだるい背中で 伸ばした指が何度もはねた真夜中のダイヤル さえぎられたベル呼びつづけた見えない部屋 ワインが覚めてなおさら寒い眠りのほとりで見た君は 疑問だらけの君さよくなりかけてた ふ
涙がこぼれて ほら 君の頬をつたわるのは僕がときどき そう 君のことを忘れたときで愛はいつでも ほら かたちのない光と影晴れたり曇ったり そう 心もすぐに変わってしまう僕の気持ちを探して いくつ胸を痛めた冷たいひざを抱いて いつもひとりで 悲しみ乗り越えてきたねもう泣かないで (そばにいるから)どこにも行かないから雨があがれば 虹がかかるはずさ 僕らの上に風にとまどい ほら 立ちどまるのは 小がら
最後に触れた夜を 思い出せないまま眠りに落ちて夢の改札に立つ 手招く夢の番人お話を選ぶ発車のベル 急ぎ足で夢人が… 夢人が… 夢人が…古い映画のような 音が流れているプラットホームで背中を押されるように 今夜も乗り合わせてるいつもの他人時のサーカス 瞳を踊らす夢人が… 夢人が… 夢人が…Oh 時間も姿も抱きしめる恋人も殺し屋の黒い革手袋の薄さで守られてるような 守りぬけないような物語はここで 手渡
必ず手に入れたいものは 誰にも知られたくない百ある甘そな話なら 一度は触れてみたいさ勇気だ愛だと騒ぎ立てずに その気になればいい掴んだ拳を使えずに 言葉を失くしてないかい傷つけられたら牙をむけ 自分を失くさぬために今から一緒に これから一緒に殴りに行こうかYAH YAH YAH YAH YAH YAH YAHYAH YAH YAH YAH YAH YAH YAHいっそ激しく切ればいい 丸い刃はなお
Ah Ah 午前五時 時間は二人を朝にして君のあどけない 鼻先にキスしたあの日のさよならは疲れた顔して 僕の腕に戻ろうか見上げたらモーニングムーン 夜にはぐれて朝焼けのベランダで 戸惑っている泣きながら君が たおれ込んだ抱き合った二人は 恋にさまようモーニングムーンAh Ah 見下ろせば そっと街は動き出す雨に打たれた君 ブラウスは乾かない目を覚まさないのは
あなたの足音 北風に消えた二人を結んでた愛の糸は 切れたのですかよりそう名前をはずした部屋で鏡をのぞいたら おろかな顔が見えたひとり遊びに なれては いないのです心の行き場を うしないました涙ばかり涙ばかり あふれてきて こまります悲しくても悲しくても 泣きたくは ないけれど別れたあの日の 風が吹きますあなたの呼ぶ声 北風がまねるいたずらと知りつつ なぜか ふと胸さわぎ風に答えようと 扉を開けてみ
お願いだから今夜はそばにいてとても一人じゃ夜を越せないからあなたはあなた 私は私…とてもそんな気になれない黙らないで 目を伏せないで私の手に手を強く合わせて見てやさしいやさしい気持ちになれるまで今夜だけそばにいてMoon Light ゆれてLast Night Bluesあきれるほどの うぬぼれ屋さんあなたの胸に抱かれてたのは私一人じゃなかった時計の針が音を刻み込む二人の間に割り込むようにあなたの
たくみな男にかかれば 女はただのマリオネット気がついた時には いいように腕の中泣いてわめいて すがりつく ああ およしなさいな恋は楽に渡り歩かなきゃ 心がもちませんよOh マリオネットOh マリオネット流れた星の涙はOh マリオネットOh マリオネット銀色の夜に溶けて人の世の哀しさを踊る女は マリオネット踊る女は マリオネット長い髪をふりみだしながら 熱く激しく抱かれ”あなたをお慕いしております”
本気でこんなこと言えないよ言葉の迷路にはまり込むどうにも許されるわきゃないよあの娘の事は言えない あの娘の影は見せない推理小説を最後からめくれるような筈はない傷のない別れなどあるわきゃないしただハート 眠らせたいただハート 眠りたい噂話だよ そんな話は嘘さ懐しそうな瞳をしながら 僕の中の秘密の事僕の中の誰かの事…?だから君の顔 見つめたよだから君の顔 見つめたよどんなに君の瞳が僕を疑っても僕はこの
Im not gonna ask youJust how much you do believeOr how long this will
From the darkness to the daylightThe world could die and we dont careWe build
やけに冷たい雨が降る 傘もささず一人歩き別れ 話を終えた日の 暗く沈んだ帰り道何もかもが ぼやけて見える悲しいわけじゃないけれど今日のおまえのやけに割切ったその態度がくやしいだけさいつまでたっても この雨は止みそうにない雨なんだないつまでたっても この雨は止みそうにない雨なんだなどうせ止まない雨ならば いっそ激しく降ればいい雨に心があるならば 俺の心を流しておくれもう少し もう少し お互いセンチに
扉を開けたら 雨の中の自転車古い写真に見つめられたら 動けない僕をせめた人 レンズしぼりながら心の中に紛れ込んだまま 白になるああ 桜散る門をぬけて母の手を引く 走る僕はあの日の 靴をぬいで風を添えた 色を添えた 景色の中やがて君と この部屋に帰って行く肩の温もりの横に君が居るけどなにかひとつは抱えてるもの 同じだね近づく明日と 遠ざかる昨日と同じところに辿り着くような…なら歩こうああ 折り紙のや
そして僕らは いつもの笑顔と姿で埃にまみれた服を払ったこの手を離せば 音さえたてない落ちて行くコインは 二度と帰らない君と僕 並んで夜明けを追い抜いてみたい 自転車On Your Mark いつも走りだせば流行の風邪にやられたOn Your Mark 僕らがそれでも止めないのは夢の斜面見上げて 行けそうな気がするからそして僕らは 心の小さな空き地で互いに振り落とした 言葉の夕立答えを出さない それ