時の流れに今は 身をまかせてもっと大事なものが見えるまで鏡の中に映った 自分を見て ほら輝いた瞳をした君はどこ?当たり前の事が 何を基準にすればいいのかさえ わからなくなるね教えてくれる人も いないと嘆くならば探しに行こう すべては自分のためそんなに興味もない事に時間を費やしてもその場しのぎでしかないねDont want to waste your time no more心の奥にそう いつか 
ひとつひとつ 消えてゆく雨の中見つめるたびに 悲しくなる傘もささず 二人だまっているわさよなら 私の恋思いきり泣いて 強く抱かれたいけれど今の私は 遠すぎるあなたが雨は冷たいけど ぬれていたいのあなたのぬくもりを 流すから雨は冷たいけど ぬれていたいの思い出も涙も 流すからそっとあなた 私の手を引きよせ最後の言葉 探してるの?だけど私 泣いたりなんかしない涙は