溢れ出した涙も眩しいだけの光も無力な自分には為す術もなくて羽ばたく鳥の影を一人でそっと見送った遠い空の向こうへ 胸に鍵掛けた遥かな懐かしい日々その温もり 笑顔が甦る… わたしがここにいる証を見せて閉ざされた仄き孤洞の世界で冥闇(やみ)の何処かに希望はあるの?背中合わせの幻(ゆめ)でもいいからふれたいよ… 動き出した運命(さだめ)は螺旋を描きながらまだ見ぬ未来という坂を駆ける進んでみよう もう少し後ろは振
空に叫ぶ風の音が 審判(はじまり)の時を告げる翼に触れる星は冷たく 噂好きな天使たちはわたしを嘲り笑ったその時 光纏い神(あなた)は現れ 「裁きを下す」そう云った神(あなた)は見たことのない哀しい瞳で… 笑って君だけと云ってほしいだけなのに重ねた温もりは闇へと消えた叶わぬ想いならなぜわたしを造ったの?孤独を知るためだけの魂などいらないのに 嘆きの雨は囁き翼を黒く染めてゆく凍えた薔薇は震えて眠り… 神殿に響く
迫る闇の薫りに心閉ざす時甦る遠い日のRefrain響く痛みを越えて目指すよ 君と見た 透きとおるあの未来へ 押し寄せる虚無の彼方 君がそばにいてくれるなら 羽ばたく誓いの空へこの手 伸ばすよ儚い夢を 君の涙を 守る輝きになりたい残酷に染められた宿命を解き放て信じてるもうひとつのTruth Of My Destiny, To Another World 満ちる哀しみすべて 風に預けたら奏でよう 優しいSerenade
天鵞絨の空 抜け出した鳥は傷ついた羽を そっとたたんで凍りついた 硝子の月は散らばる夢の 亡骸を照らすよ 二度と 帰れないままでここから何処へ行こう緩い風の中 歩く勇気がほしい… 毀れた銀河 描く螺旋は星の在処を いつか示せるの砂のように 流れる時は音もたてずに この胸を満たすよ 二度と 帰れないままでここから何処へ行こう遠い明日へ手を 伸ばす強さがほしい… 鍵をかけた 胸の奥差し込んだ光の音何度 目覚め
微睡みのなかを 訪れた春のように密やかな恋心 いつしか咲いてた 揺れてる 心の声 街を抜ける 笑顔になれる いつだって君が となりにいてくれるなら伝えたい 言えずにいた ただひとつの 愛のことばを 雨上がりの街を きらめく並木道を一緒に歩く今が とてもいとしくて ねえ手をつなごう 遠い あの日のように 光の中で 微笑んだ君が眩しくて 泣きたくなる夕闇に染まる前に 二人だけの夢を教えてただ、風に願うよ… 震えな
ああ 無音が僕に響く 風に触れた意識の中 茨の海に倒れていた 僕の失望破って一欠片の光が もし甦るのなら… 信じたい この氷壁の宇宙(そら)に真実の声 まだ見えてこないけど信じてる 錆びついた未来でもずっと君が僕を 憶えていてくれるなら “テヲ ノバシテ ソノ ヒトミデ…” 硬く閉ざした殻の中で 巡り続ける祈りが痛みを脱ぎ捨て 新たな生命になるから… 誓いたい 絡まる闇を抱いても再生の風 もうすぐ訪れるよ誓っ
なぜ 涙が今 流れたの傷ついたままの羽で見つけ出せないクオリア ねぇ、ここからねぇ、還れるの瞼の草原に散った君だけを呼んでる… 遥か彼方へ飛び立つわ光より速く触れたい哀しみを終わらせて君の透明なその指で ほら 聞こえる今 甦る過ぎ去る時の砂辺で失くした波のハープ この、鼓動に愛、響いたら希望に満ちたアルペジオ身体じゅうを巡った… もしも夢なら覚めないで君と生きるための輪廻探してた声がする揺れる面影が星になる
遥かな風よ導いて失くした心の在処を 壊れた記憶の欠片を繋ぐように風景は色づいてく 凍りついた涙を抱いて行こうこの願いが叶う場所へ 孤独を突き抜け明日へ透き通るまで世界の果てまで僕なら 大丈夫だよ君が呼んでる声を 聞いたんだ ずっと ずっと そばにいるよ 微かに灯る星たちを頼れば 闇も越えられる こぼれてしまうそうな痛みを秘めながら誰もが生きてるから 遠い空へ 羽ばたく鳥のように自由になれ 祈る全て 無邪気な弱さ抱
柔らかな風を待つように 時間がゆっくりと歩き始めるころ心にとどまった儚い想いが新たにひとつ 響く 虹の線に 寄り添う夢の途中交差してく 願いを なぞってた 水を打つ静けさに抱かれ 旅する君がいる貴さに ふるえてどこかに 佇む 見知らぬ街もひそかに 朝を 祈る 金色に 広がる荒野を ふたり翔んでゆこう 懐かしい 未来へと (キオクヲダイテ ヤミヨニウマレ ヒカリヘカケテユク…) 廻る大地 奏でる 永久のコトバ
青く 霞む空 朽ちた 風の色崩れ落ちてく 遥かな 残響 願う この胸は 儚い 水晶ね鏡のように 哀しみ 映すの 耳をすましたら 追憶の茨聞かせてわたしに かつてのともし火 深い 過ちに 倒れそうになって夢に重ねた 遠い 憧れ 今は 消えないで 愚かな世界よ眠りの前に 名前を呼びたい 狂い口づけた 楽園の花びら罪の重さなど 知らずに美しく 開く 共に 踊りましょう 天の終焉(おわり)へと門をくぐるとき つま先に
おだやかな 風の歌を聞きながら のぼってく坂道切なさは やわらかな光たちが 抱きしめてくれるよ 青空 果てしなく広がって 今 あふれる心 気がつけば 胸の奥に隠してた かなしみの面影遠ざかる ゆるやかな雲になって 彼方へ消えてくよ I will fly 迷路を飛び越えて And searching, I wanna find the door ああ 眠れない夜も 流した涙も全部 ほほえみに変えてゆこう君が僕にくれた 夢の
叫ぶ大地に 暁は遠く始まりに今 胸が震える頬に伝わる 闇の冷たさに君だけを呼んでる 海より深く 響く宿命に惑う時も信じてるこの手に 咲き誇る永久の祈り 掲げた腕よ 孤独を切る弓となれ守りたい君のすべてを絶望の果てに 天の声が聞こえる愛は 哀しみ越えて まだ見知らぬ道へ 降り注いでゆくさあ 願いましょう 時を… 伝説という 名に沈められた錆びた扉を 引き寄せるたび絶えず流れる 追憶の痛み君だけを想うよ 風よ
レンガ通りの向こう側に 微笑む君が見えたらふわふわした羽根のように 心が躍り始めてく 醒めない夢を見るように 暖めてた想いがここにあるよ Fly―― 駆け出した願いが 空に届くまでLight―― どんな闇の中も 君と越えてゆく 捕まえようよ とびきりに輝いた未来のカケラ 翳した手を通り抜ける 懐かしい風の香りに立ち止まったら ふいに君の顔がそっと近づいてきた 強気な瞳の奥にある その優しさに ちゃんと気づい
あの空より澄み渡る 哀しみを溶かしてください海より果てない孤独を 愛せるような強さをください ああ 誰より大切な君のことを 抱きしめるために 涙はもういらない闇の向こうへ 呼びかける信じているよ今を風が冷たくても誰も奪えない 自由を胸に 咲く未来へゆく! 瞳染める絶望に 日の光 照らしてください重たい心の鎖を 解き放てる明日をください ああ 見守ってくれる人を いつの日にも忘れずにいたい 迷いはもういらない
無垢な風抱きしめるように 深く呼び合えるのなら疼く痛みも凍る夢も すべて背中に纏うよ 近づくほどに遠く揺れる心の中で 眩しさに 綴じた目をひらくよ 溢れ出した 想いのまま寄り添ってただ君だけを 見つめていたいのになぜ消えてゆくの? 印した約束はねえ その手で繋ぎとめて 一秒の永遠を 注ぐ雨と追憶のしずく そっとわたしを包んで折れた翼もこの傷痕も どうか一緒に流して 囁く星の声が希望咲く日を祈り 駆けてゆく
小さな 庭のなかで今日も桃色した雨が降る 旧いレンガ道赤い靴で歩いて秘密のドアが開くのを見ていた 呼びかけるようにきらきら光が笑ってる胸に澄み渡れ大地の足音に気づいたから 風を拾いながら今日も桃色した雨が降る 夢の実をつける七色の木の下でうたたねをしたら出かけよう ここから 空の海に立ち果てしない雲の彼方へきっと迷わない鼓動のさざ波が導くから 銀の森の中を… (往きなさい)欠けたページ 探す… (今甦る) 毀れ
甦る痛みに流されながら彷徨って僕らはどこへゆくんだろう 懐かしく暖かな空 その眩しい景色へ描いた幻は揺れて消えた 遠く 解けぬ孤独を抱きながら それでも祈ってる誰もが同じ 希望の訪れを闇の破片が 絶えず僕の 胸に突き刺さる君という光 ただ 知りたいよ 押し寄せる記憶に溺れそうになる逆らっていつかは目的地をしれるの? 付き抜ける感傷の粒子 小さな存在が叫ぶ もっと広い場所へ想像さえ越えて 「強さ」の意味さえわ
霞んでく視界のなかで君の夢を見てた 透明な太陽つめたい鎖のよう ここで今描くすべて それは君だよ世界が終わって 僕が消えたあとも幾千年祈り続けて 巡り会えるよ世界が目ざめる 不器用な心の中へこぼれ落ちる未来 後悔をほどいて同じ名前呼ぼう ここへ今届く星は 君の声だよ放った願いを 僕が叶えてあげる幾千度の眠りのなかで 沈みかけてた扉の向こうへ ここで今描くすべて それは君だよ世界が終わって 僕が消えたあとも幾千
この空の彼方へと一人思い馳せるどこかには君と見た景色があるから 悲しみも 翼にして 夢は羽ばたく… 君が授けてくれたものは信じるという力長い闇にいても明日へ 迷わずに歩き出せるまた出会える その時へ 戸惑いを奏でてる淡い記憶の中傷つくのが怖くて瞳を綴じてた 振り向けば 時の狭間 揺らめく光… 遥か遠くで呼び続ける君の声が聞こえる届かない願いなんてねぇないよね ただ祈る輝きへと 導いて 風のあとで舞い降りてきた
そよぐ風に抱かれながら幼い日のように見上げる空かけがえない想いたちをこの胸に抱きしめる 零れ落ちた涙を乗り越えて近づきたいよ君が見る未来へ あの日君がくれた小さな勇気がわたしの中にある心の翼どこへでもゆける夢見る力で羽ばたこうここから新しい世界へと 眠っていた羽根は目覚め見知らぬ景色を追いかけてく瞳閉じれば浮かぶ笑顔いつの日も忘れない 遠く響く不安を飛び越えて辿り着きたい希望の咲く場所へ止めどなく溢れる切
立ち止まる旅人の背に語りかける神々たちよ遠い時代を越え 誘え宿められし物語へと 絶えぬ争いに 闇が果てないときもさあ 目指そう 聖なる明日の部へ 大地は続く 心ある限り私は行く 貴き絆 知るために さざめく時に黄昏は何を求め 耀くのだろう鋭い刃に埋もれた美しい指よ 夢を辿れ 白い旅路には光る砂の旋律どんな痛みも忘れられると 信じたい 大地は続く いとしさを連れて私は行く 歓び咲くこの道を 心震わす涙の雫はやが
遠くで聞こえてる雨音のよう体中を包む ぬくもり 霧深い荒野を流れる川を渡れば また君に会えるよ 誰の声も届かぬ森で 舞い降りた透明な時間凍る雫のメロディが 囁いてるすべての言葉 忘れない 夢のあとも此処にいるよ 人知れず叫んだ薄れてゆく意識の果て 瞼に降る願いを確かめて 拭いきれず響く寂しさの粒光の糸で留めてくれる 切なさに心を閉ざした昨日手のひらにのせたら 羽ばたくよ 幼い頃の記憶のように 妖精たちの森の中
零れ落ちた静けさに胸の鼓動が 痛い 触れたいよ 今すぐに君の眼差しに まだ 見えない明日をそっと訪ねる時硝子の闇に震えても 光を探すよ 果てない願いこそが 僕らの真実だからやがて世界が終わるその前に 君の手を差し出して 辿り着いた湖でゆっくり 瞳を閉じた… 聞こえるよ 満ちている幾千もの祈り 張り詰めてく空を この身に纏う時散りばめられた運命の欠片が踊るよ 果てない孤独抱いて彷徨って見つめ合えたんだ守って はぐ
空高く舞い上がれ異国の鳥たちよ此処は忘れた記憶の果てにある世界 この想いのすべてが 朽ち果てても 光満ちゆく時へ 繋ぐ風の先へ遠く奏でていた 悲しみを 放とう砕ける波の果てへ 叫ぶ嵐の中へいつか巡り会える 君のそばへ… さすらいの燈灯はどこへ導くのか謎かけの囁きを紡いで花は揺れる尽きない愛の雫よ 響き渡れ 石畳の街角で 焼けた丘の上で幻想のかけらを 抱き上げて 歌おう靡く草原の海で 君を想い呼ぶとききっと
いろ褪せた頁(ページ)の記憶瞳閉じれば蘇るあどけない少女の祈り羽ばたけよ 希望の空へ 嘆く間もなく 時は流れるひとり立ち止まるけど 夢守る調べ 口ずさむの人々が眠りにつけばまた会う日の願い紡げるでしょう 愛の糸優しさを誘う おとぎ話あなたから教わったのよ戻りましょう そっとあの頃の想いに 歩き出す勇気を乗せた風をまとって進みましょう旅立ちを少女は唄うこころ迷えば あのメロディー 凍る水でも とけだすような
淡い波に さらわれながらそっと そっと消えてもかまわないけど まだ残る 気持ちはどこかへあ…色を落とすでしょう 明けの星が 光を見せたよわい よわいこころに降りそそぐ でも時は おなじ想いだけをあ…描き続ければ 誰も知らず 日が射すまでにそっと そっと予感を感じてたこころが感じてた
からっぽの鳥かごは 昨日の旅立ち朝焼けの中 さよならを告げた目覚めたらまるで別人だわ 毎日新しい 懐かしい ふたりがいるね 愛したい 真実に意味はないの 触れあえばすべて 印された愛に 守られながら生きてるのに群青はなぜ儚さをはらむの? 会いたいこの空は永遠を 海はいのちをくれるだろう翼やすめるように 花びらが揺れる微睡みの楽園で 約束をせがむ 小さな手をつないで寄り添う影に 名前をつけよう選ばれて気が
人生ってもしかして(もしかして)とーっても素敵なテーマパーク?!(テーマパーク?!)いくつものアトラクション(アトラクション)どうせなら 楽しんじゃお☆(楽しんじゃお☆) 最高で絶叫で感動なチャンス!掴まえようHey are you ready?(Yes,we are ready!) 合言葉は「パステル!」 クルクルミラクルワールドクルクルミラクルワールド何が起きたって 君と一緒なら「ハッピー!」クルクルミラクル
強く強く願う 想いの粒があてどもなく 夜宙をさまようだけどきっと 近づいているよね今日を笑って 振り返る日まで いつだって君の呼ぶ声に守られてた 心のすぐそばで 目覚めた夢の先 今始めよう止まらない涙は もういらない悲しみの終わり ここは始まり色褪せない光を 放てThousand Tears もしももしも 寂しさ知ることが誰かを守る強さになれるならどんな気持ち どんなひと粒さえも愛しい ただひとつの bri
子供のころのようにひみつのドア 開けてごらんきみがおとなになっても変わらない 場所があるよ きらきら きらきら ほらこぼれだす 優しい楽しい夢たち悲しいできごと 綿菓子のように とんでゆくよさあ一緒に 遊ぼう 懐かしいネバーランド どんなきみでも 僕はきみがすき人魚姫もワニも歌うよどんなことでも すてきを隠してる ここは魔法のセカイ ため息つくウエンディ戦い疲れたマイケルおとなになったあの子が一人きりで