Aozolighter — Cellchrome

切なさは向かい風
見上げた高い空
君の事 想うたび
心が染まってく

僕ら友達のままで
どれくらい経っただろうか
春が過ぎ夏が過ぎて
ポケットに忍ばせた
僕らのイノセンス

その笑顔だけじゃない君を
ずっと知ってみたかった
君の心の中を照らす光を
いつか見つけ出すよ
青空の向こう

歩道橋 立ち止まり
ふと街を眺めた
変わらないこの景色
そして僕の心

僕ら友達のままで
たくさんの日々過ごした
だけど不意に見せるしぐさ
ハッとする瞬間が
また胸を締め付ける

あの笑顔だけじゃない僕を
もっと知って欲しいんだ
僕の心の中を 照らす光を
教えてくれたのは
そう君だから

この笑顔だけじゃない空を
君と見ていられるだろうか
終わりのない青空を
照らす光を
いつか見つけ出すよ Oh Oh

その笑顔だけじゃない君を
ずっと知ってみたかった
君の心の中を照らす光を
いつか見つけ出すよ
青空の向こう