顔 – can/goo

誰にも見せない顔を
あたしだけに見せる君を
確かめながら探している

眠りに落ちる顔に
甘えて見せる君に
触れたいこの手 握り締める

迷い惑い 見つめているよ

変わっていく君の顔に
ココロが揺さぶられている
でもいつか仮面の下の
傷だらけの君 守りたいの
隠せない夜が来るから
急かすように求めている
いつまででも ただ傍にいるよ
あたしだけ見つめてくれるまで

物分りの良い顔で
どこまで見せよう君に
覚悟はしているつもりだけど

今は君を苦しめるかな

翳っていく君の顔が
この胸を締め付けている
問い詰めたい気持ちは今日も
行き場を失くして消えていくの
叶わない夢かもなんて
卑屈な顔は見せられない
ココロをね 映す鏡だから
苦しみで 終わらせはしないさ

変わっていく君の顔に
ココロが揺さぶられている
でもいつか仮面の下の
傷だらけの君 守りたいの
隠せない夜が来るから
急かすように求めている
いつまででも ただ傍にいるよ
あたしだけ見つめてくれるまで

コメントを残す