冷たい雨 – cali≠gari

暗いアパートに佇み 気怠い僕は外を探し
やがて鉛色の空とその結果を見つめてたんだ
「あぁ、何の変哲もないただの冷たい雨ですか?」
あまり正しいとは言えない答えが僕の口を割り…

暗いアパートを背にして気怠い僕は外を歩き
やがて鉛色の空とその結果を認めてたんだ
「あぁ、心がかじかむほどこれは冷たい雨ですね」
まるで散歩する死人になりかけた僕は
少しだけ 知りたいと思って空を見上げてみた

あたり前な雨の日の風景が僕に何か伝えてる
僕が僕をやめる事それが一番いけない事だよと

雁字搦めな心の壁が何処かで壊れる音がする
新しい明日はきっと僕に優しい顔をするだろう
冷たい雨のあとで….

嬉しい事や悲しい事
数え切れないたくさんの事
明日の思い出作るから
僕は僕になるよ

あたり前な雨の日の風景が僕に何か伝えてる
僕が僕をやめる事それが一番いけない事だよと

雁字搦めな心の壁が何処かで壊れる音がする
新しい明日はきっと僕に優しい顔をするだろう

あたり前な雨の日の風景が僕に何か伝えてる
僕が僕をやめる事それが一番いけない事だよと

雁字搦めな心の壁が何処かで壊れる音がする
新しい明日はきっと僕に優しい顔をするだろう
冷たい雨のあとで….