あゆみ – CAIKI

君が辛い時泣きたい時 僕がこの唄を歌うから
僕がいるから支えるから 上を向いて歩こう

ある日君が僕の声を 遠くから聞いてくれていた
結構遠くから聞こえてくる 誰かに向けられたメロディー
帰り道に通り過ぎる あの声の聞こえてた道で
今日も誰かに向けられた歌が響いてる

歌いながら想い描く 君に届いているかな
今日も明日も僕はこの場所で 想いを歌に乗せて

君が辛い時泣きたい時 僕がこの歌を歌うから
僕がいるから支えるから 上を向いて歩こう

ずっとずっと考えてた 僕にしかできない事
結構そばで支えてくれてる君に贈る僕のメロディー

いつもいつも君はそこに 僕だけを見つめながら
その目を見るだけで僕は胸を張れたよ

オシャレなプレゼントなんてしてあげられないけど
今日も明日も僕がとなりで 歌を歌うから

君が辛い時泣きたい時 僕がこの歌を歌うから
僕がいるから支えるから 上を向いて歩こう

この歌を君の側で 十分に聞こえる距離で

君が辛い時泣きたい時 僕がこの歌を歌うから
僕がいるから支えるから 上を向いて歩こう
君の笑顔がその姿が いつも僕の支えだから
いつもありがとうこれからも 君のために歌うから
共に歩む君へ