ゴールデンルーキー日がな一日遊び呆けるのは若さゆえの使命イノセントデイズ責められはしない 勇気がもらえるのなら漫画の主人公に憧れるがいい妄想ならフリー不可能などない 今想像してみて明日、明後日、10年後何が見える 生きてる事自体がHOPE忘れないでいてこれからはこの世界を動かすのは君 ゴールデンルーキー社会ってのは教科書で読むよりも厳しく冷たい遠慮などない場所だったりする 思い通りにならないことに慣れてしま
雨は上がり 雲は散って 青の支配ジリジリと滲む汗 踊る鼓動 スピード上げていけばもう湾岸線風に溶けよう 嗚呼、突き抜けようぜ泣いちゃいられないこの道はどこへと続く誰でももう一度走り出せる愛はまだギラギラしてるかい神様、Oh yes I’m ready 本気の同情 上辺の表情 どっちでも良い心配いらないまた僕は大人になる 転び方も立ち上がり方もスタイルが命 嗚呼、ばかばかしいぜ泣いちゃいられない自分だけ
ちょっと聞かせておくれよきみの話 紅茶を飲んで面倒くさがらないでよ今日会った人 笑っちまった事 ため息ふうっと漏れるそんな場面ひとつさえも愛しい 晴れても降っても君の声はマジェスティック繰り返す日のあちこちに潜む奇跡振ってごらんよ折れない魔法のスティックシンフォニーのように言葉は震え響き出す 大好きなことを隠す必要はない 自分は自分だいつか振り返ってみれば短かったと思うのが青春 胸に秘めた欲望(おもい)あ
取り憑かれたようにひとりで鳴き続けている夕暮れの鴉群れは皆うちに帰ってくその空に声は響き渡った 恋の滓がまだ残っている辛いくらいに溜まっているいつになったらこの俺は太陽まで飛んでいけるの冷たい魔法を解いておくれ 雨粒を纏った翼が一番綺麗な色に輝くそれを見てもらいたい相手はあなたひとりしかいない事実 恋の滓がまだ残っている面倒くさいったらありゃしないいつになったらこの俺は流れ星になれるのもう一回でいいから
そばにいても離れていても最後に泣かされるのはいつも私なのにどうしても無しにできないいったいどうなることが幸せなのか 深い海の底に落ちてゆく思考 好きだから嫌いていうか大嫌い破裂しそうな自律神経痛みと快感そしてまた痛み目眩がするほど悩ましいよこんな世界だけが私を生かす いっそ出会わなければ良かったなにも知らなければもっと楽だったひとりぼっちでシュプレヒコール絶望のどん底に希望を残して 全てをさらけ出せるのは
お前ときたら浮かれやすいからこの先せいぜい気をつけろわりと真顔で卒業の日に言ってくれた先生、お元気ですか? あれから何年経ったろう流され続け今 生温い雨濡れる夜が続こうと怖れはしないたわいない夢今日もひとつだけでいいかなえてみせましょうそして何か変わる 華のある夢持てないことがいけないことだと思っていたそれでもどうにか私なりに小さな決断を為してきた あちこちぶつかりながらあなたに会えたんだ 腹が減って足元が
誰かのいい人奪いきれずに痛めつけられた夏の終わりあっという間に新しい男(ひと)と暮らしてると聞いたのはその冬 全部失くしたと膝をついた時笑いがこみ上げた どんなにヨレヨレ傷だらけでも走り続ける俺よカルマを生きろ痺れる自業自得の道戻るもんか 追われた挙句冷たい川に飛び込んでもどこかに流れ着く借金も無けりゃ窮屈でもないそのうちまたあの娘に会えるだろ いいとこ取りの人生なんてつまらないお釈迦様ものたまう どんなに
人間同士抱き合うこともあればいがみ合うこともあるそれが普通 あっちでもこっちでもいい顔してるのはそら限界あるでしょ きらわれちゃったとしてもそれがなに?そんなことよりもブラザー人生はでかいDa la da da da 自分の利益を顧みないで人様に尽くすそんな風に生きていくんだと何度元旦に誓ったの 最後は自分に甘くなってまたfade awayそうやってまた開き直る 英雄にいつもなれないそれがどうした?そんなこと言ってる
いくら思いが強かろうと良い塩梅に愛されない現実を知った朝のSunlights骨身に沁みて痛い Ride on time ここにゃいられない 新しい恋のようなもの見つけに行こうよ愛しすぎちゃったあの人はもう戻っては来ない正解は他にあるマイ・ニュー・ラブ なんの罪もない車窓の風景そんなんでさえ泣けるよこの感情のアップダウンこそ生きていく原動力 Ride on time Show must go on, baby 新しい恋のよう
泥の風と汗の煙走るあなたが見えるその姿に希望を託し僕らは思わず叫んでいた そして気がつく皆限界まで挑む権利がある ゴールはここじゃないまだ終わりじゃない止むことのない歓声アナタは先の方ずっと先の方追いつきたいなら今はTRY 花吹雪乱れ散る中浮かれる者などいないたとえ己が倒れようと志だけはつないでゆく 勝敗をまたひとつ噛み砕いてツワモノは走る ゴールはここじゃない安住の地などない泣けど続く人生アナタは先の方ず
速いクルマが好きなのさ疑いない性能痛いくらいに風を切りすべてを忘れ 鏡の前ボタンを留め覚悟をきめてドアをあけよう 俺は荒野甘えりゃGame Over愛を語るにゃ風が強いlike a ローラーコースター止まぬいざこざ揺れる心抑えつけて君の目見て本音だけ吠える 誰かに包まれるように抱かれた夢けれどすべては儚くてただ消えてゆく 嫌われることを恐れてなにかを成せると思うの? 俺は荒野甘えりゃGame Over愛を語るにゃ風
止められない年月が体をあちこち蝕んでこればっかはwe can’t stop冷凍保存するっきゃない 溢れかえるカラフルなニュース溺れながら泳ぐ現代社会目を閉じ耳を塞ぎどこまで頑張れるの 激流に逆らう魚のように歯を食いしばる 永遠に若く永遠に美しくありたい純粋な願い誰にも恥じることはない今宵も愛しいキミに会いたい この世に生きた証しを堂々と刻んでいけばいいのにってそんなこと聞き飽きたそれぞれ流儀がある
つべこべ言うのはあなたの自由それで今日も気晴らしできるの私をいじって存在示すならもうちょいスタミナみせて Hey, Mr. Armour ちっちゃい世界にいつまで 住んでるつもり? ダサい鎧を脱ぎ捨てて生身でぶつかってよ言い訳だらけの毎日を変えてみればいいじゃない 倫理的に見て間違いだとか裏切りだとかセンスがゼロだとかあらゆる角度であらを探してあなたいったい誰よ Hey, Mr. Armour 楽しくもない決め事 忘
あれこれと 目移りばかりで人生 定まんない売れてるバンド かたっぱしから聞いてマネしてみた さえない気分で ひろげた傘の骨は 折れまくり Rainy Day 一心不乱に 何かしてみたい誰でも そう 悩みもだえる想像してる 暗い未来のヴィジョンは思い出の 寄せ集めなのにピュアな細胞 もっと動かせ コツコツまじめにやったって この国でむくわれるのか?ハチ公前で 男が叫んでる思わずうなずいた 故郷(いなか)に帰る
壮大に色を変え暮れてゆく空を見てる明日を迎えることに訳もわからず怖じ気づいて つのる苛立ちを隠せない弱さ わかってるのに あなたの優しさ受け止められないままで そっと目を閉じる 闇がゆっくり迫り色彩は深みを増し動かない心抱えまた体を横たえるよ 長いトンネルのその先を見つめる 聞こえているよ 遠いその声はさまよう僕をいつまで 待っていてくれるの わかってるのに 変われるはずなのにあなたの事を ひとりにしてしまう
迷いなく巣に帰ってゆく鳥見上げる自分は何処に帰るんでしょう今日も別に悪い日なんかじゃないわりと笑顔見せられたと思う 幸せだったらしっかり噛み締めなくちゃいけない 本当はあなたを思い切り抱きしめたいのかももう考えなくていいんだと思わせて欲しいのかもね 赤や黄色の光が流れる愛すべき町を眺め歩いて未来のこと他の世界のこと気がかりなようでまた忘れてる 幸せに向かうスピードはそれぞれ違うもの 本当はあなたを諦めて捨て
もう会わないと 腹を決めても 風のうわさが 聞こえてしまう言葉なしで 感情の色 互いに見える 人はいますか とほうもない 確率で キミと僕は つながり憎しみや愛とかに オモチャにされる ロンリースターズ… 悔いなく生きるなら忘れちゃ いけない相手がいるだろそこからしか何もはじまらない磁石のように 人と人をひきよせる それがさだめ これからずっと あるがまま 正直にやると 決めたのに怖れをなし
人ごとじゃない社会情勢 引き合いに出して説教モードハシで人を指しながら 赤い顔をしてるこの国はもうダメだ これが口ぐせで自分で自分をけなして 満足してハイ終しまい わかるよ 気持ちは…でもそろそろ この店を出ようよ We’ve got the wing 銀色に光る翼広げ 僕と行きましょうどうでもいいじゃすまされない 大事なものを大切にできるかい?銀色・ハードな色・とってもsweet talkin&
何もお前が悪いわけじゃない 僕が勝手に悩んでるだけ楽してもうけるアイデアも出つくして煮つまってるナベみたいな頭ン中 やらなきゃいけないこと知っていたのにほったらかしにしたこと悔やんでも遅いけど イカせておくれ もう辛抱できない国境の向こうに 何があるんだろう泣かないでおくれ 愛しい恋人よどうか笑顔で僕に 手を振っておくれ 入るスキ間もない社交界 手の届かないいい女何でもいいからとっかかりが欲しいといつの
イヤイヤイヤ…… 予想通りあの娘は逃げちゃったいっさいがっさい持ってかれましたやはり現実は渋いわかってる、わかってるって、ハヤかったり、ヘタクソだったり、やたら気がきかなかったり、そりゃ他に男でもできるわ 僕には僕の夢がある 破れかけても夢があるふられつづけてもこたえない しょうもない悩みは忘れよう 強力な寂しさに負けないアイアンマンになりたいちよっとやそっとではひび割れない 石のようにねえ、だれかおくれよD
ボロボロにKOされる夢を見て君にしがみついたいつもシャドウボクシング 汗まみれ蜘蛛の巣をふり払うように負けるのは恐くないちょっと逃げ腰になる日が来ることに怯えてるけど BLOWIN’ BLOWIN’ IN THE WIND風に揺れる心を抱えたままWE’RE DANCIN’ IN THE RESERVATIONしびれるような眼差しをずっと忘れないでBLOWIN̵
なにげない出会いのときに わかっていたさりげないサインをもらった 誤解でもかまわない たしかにいい ズルズルひきずられていきそう But…これ以上は もうふみこめないよきみを見つめた眼がしびれてるどこかできっと誰か見てるきみって まるごとワナのよう あからさま 気分もりあがる 電話がつづきゃまっさかさま がけから落ちてくように 抱きあっていた これはすごい 金縛りを解くより大変だ ButR
3年ぶりに話したって 違和感ないなんて意外と僕らたいしたもんだ 感心しちゃうよ見違える程に 人が成長するっていうのはやはり時間がかかるもんだ やんなっちゃうよ 最新のNews 移り変わっても笑える視点(ポイント)は同じ ほんの最初の一声で スイッチが入り時間も距離も あっという間に縮んでゆく君さえよけりゃ あの時の答えを今言うよ「きらいなわけないだろ」 忘れ物とりにきただけなのに もう2時間そういう意味
転校生だと紹介されて目の前に君は立ってた蒼い心はざわつきはじめまた日々が色づいた 好きだけれどどのくらい好きなのかわからなくてそんなこんなで春が来て僕らは離れた 忘れないあの寂しさ震えるような感情今でもこの体をやさしく包んでる いつかの夏に町に戻った時久しぶりに会った君は変わらずとてもきれいで僕の髪は伸び放題 好きなんだと思い切って打ち明けてみたものの君は本当に困った顔でごめんねと謝った 忘れないあの悲しさ
21のBirthday 二人きりになって君を祝うのは 一人じゃないみたい吐息のメインディッシュ 楽しむ前に済ませて来たの どこかでオードブル 僕のこと 大好きだという言葉にウソは 見当たらない独りにされるのが かなり苦手な憶病な君が選んだシステムは Safety Love どんな時でもAlright次の恋が 保障されてる(You’re) Tasty Girl 君だけを抱きたいこの僕がそばにいる
大地は知らない ヒトのヨロコビカナシミ愛し合い奪い合い いたずらに心たちは乱れてゆく ああ、君を思い浮かべるだけでこの胸は子供のようにただうろたえるばかりの不始末で会いたい 嗅ぎたい 抱きたいよ 出逢い 別れ 土に埋もれ陽が沈むように死んでゆくわずかな時をむさぼりあおう夢を見続けるこの丘で 先生、あなたの言葉が思い出せない優しい瞳に何を学んだのだろう わからない 純粋になればなってゆくほど君を奪いたくなる嘘のない言葉は
二人の時間が ようやく増えたらなぜなんだろう 気持ちは少しずれて特別アブない 気配もないけどそのかわりめくるめく 絶頂感もないよね また今日も 君に優しくできなかったなんて後悔しながら 次の朝が来るよ一緒にいられることだけ 望んでいたのに満たされるほどにちょっとした恥じらいも消える 駅前たたずむ 姿が見えるよ僕を待つ ときめき 今もまだありますか? 雨降り 濡れた街角は輝いてうつむいてる君が ひとりきり
こりごりするよ このシチュエーションはもうあなたの背中 消えて遠く遠く 余計なものばっか 買いたした果てに がんじがらめのこの部屋誰か そうじしてくれや さよなら傷だらけの日々よ目指すは次の世界明日はもうここにはいない別れとはつらく 新しいものだろまだ見ぬ風にのってグライド 気づいてしまったよ ボクを傷つけたのはこのボクだったよ Baby そうさ So Sad 鏡で自分ばっか 眺めて恨み節うたうのはやめますそし
綺麗だ 貴女のスイミングスタイル涼しげ 忙しい街を行く 目に止まらぬ 人の世の流れにふらつかないで公園のベンチでソフトクリームを舐める その姿に魅かれてるよ LADY NAVIGATION… You’re Fresh!地球に弾ける頬あふれる涙も 世界にひとつだけのパールN=A=V=I=G=A=T=I=O=N 心を許さないわけじゃない我が身を 強く信じてるだけ よく笑い泣き食べる Every
Rain 砕け散ってるアスファルトで抱きしめた君の卒業の夜に「お別れ」するなんてもう夢のよう 明日 HOMETOWN 帰る君にあげよう溶けるような極上 Kissそれっきりで bye-byeさ Lady-Go-Round 女はめぐる 人生これ出会い(like) Merry-Go-Round 星の数の恋 すぐに見つけるよ こひしかるべき round, round, round…わがなみだかな round, round, ro