Ms.Thunderbolt – BURNOUT SYNDROMES

轟く 澄んだ声
平穏な日に君は突如来た
どこか影のある微笑み
湿った瞳 燃える唇

それは初めての感覚で
でも何が起こるか分かった
嗚呼 間も無く雷槌が落ちる

僕に落ちる

一筋 黒髪に疾る
金のメッシュは稲妻
カフェの黒のエプロンも
その妖艶さを引き立てていた

君は余りにも美しく
目を逸らすべきだと感じた
だが微塵も動けずに落ちる

恋に落ちる

Ms.Thunderbolt Ms.Thunderbolt
君の眼光が僕を撃ち
Ms.Thunderbolt Ms.Thunderbolt
遅れて心音が爆ぜた

今100万Vが圧し折った
ニヒリズムの避雷針
今夜 胸中に吹くであろう嵐に
僕は慄えた

僕はずっと思ってた
『落雷なんて所詮、他人事』と
今 ショートする心
沸騰する頬 蒸発した言葉

恋 それは蓋し神の声
天災にも似た不意なもの
無差別に人を襲い 焦がす
胸を焦がす

Ms.Thunderbolt Ms.Thunderbolt
君の雷鳴が僕を灼き
Ms.Thunderbolt MsThunderbolt
脳回路 秒殺で熔けた

君の名は? 歳は幾つ?
彼氏の有無も知れない
世界は瞬く間に
恋の暗雲に包まれた

Ms.Thunderbolt Ms.Thunderbolt
君の眼光が僕を撃ち
今夜 胸中に吹くであろう
嵐に僕は慄えた

恐怖と歓喜に慄えた