風と女 – BORO

麦畑の香りのする風を
指にからませる 女の頬に
小さな汗のしずくが光る
それはまるで真珠玉のようだ

潮騒の色をもつ風を
胸にいっぱい吸い込む 女の口唇
カモメさんと 話しているようだ
光る真珠を散りばめた海で

風と女の 風と女の
素敵な香り 僕は見てた
ときめきながら

風と女は 何処まで行くの
僕の中に 香りを残し…

タイトスカートのヒールの女
忙ぎ足で歩道を歩いて行く
後を追うように吹く風が
追いついたのは 立ち止まるバス・ストップ

風と女の 風と女の
素敵な香り 僕は見てた
ときめきながら

風と女は 何処まで行くの
僕の中に 香りを残し…

風と女は 何処まで行くの
僕の中に 香りを残し…